ここから本文です

フランケンウィニー (2012)

FRANKENWEENIE

監督
ティム・バートン
  • みたいムービー 168
  • みたログ 1,063

3.63 / 評価:550件

科学に対する大人の無知、子どもの好奇心

  • ker***** さん
  • 2016年10月17日 23時21分
  • 閲覧数 2131
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

天才発明オタクの少年が死んだ愛犬を復活させたことを発端に、町に大騒動が巻き起こる。ボリス・カーロフの『フランケンシュタイン』をはじめ、多くのモンスター映画へのオマージュに満ちた作品である。

本作に登場する大人たちは、科学への無知から理科の先生を退職に追い込み、主人公のペットの“怪物犬”を誤解から殺そうとし、モンスターの襲来にただただ逃げ惑う。また「死者を甦らせてはいけない」と言いながらも、その理由を説明できない。

こんなところから見えてくる本作のテーマは「科学に無知な大人ってのはイッパイいて、彼らは科学が理解できないからそれを怖がる。『フランケンシュタインの怪物』はそういう恐怖の象徴なんだ」ということ。

一方で、好奇心に満ちた子どもたちにとっては、「怪物」は無闇に恐ろしいものではないということも作品中に描かれている。この点は、本作の元ネタである『フランケンシュタイン』で、幼い少女だけが怪物を恐れなかったことともつながってくる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ