2012年7月7日公開

クーリエ 過去を運ぶ男

THE COURIER

PG12952012年7月7日公開
クーリエ 過去を運ぶ男
2.2

/ 70

4%
9%
20%
37%
30%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(22件)


  • かよこ

    1.0

    見なくてもいい映画

    途中までは、なかなか面白いと思っていましたが、後半、なんだこりゃ です。 真相がわかっても、意味がない。 FBIが出てきても、特に何かするわけでもないし、黒幕に逐一報告してる女は最後までわからないままだし、息子は、いったいどこへ向かっているのやら。託されたカバンの中身も意味がわからん。 しかも、えらくしっかりした組織のトップだった黒幕は、誰も助けに来てくれないまま死亡。 捜索の仕方もめちゃくちゃ甘い。 コロナの外出規制で観たけど、時間を返してくれ。

  • oce********

    2.0

    脚本も担当した方がいいかも

    「パラダイス・ナウ」のハニ・アブ・アサド監督の作品。 この監督は脚本も兼ねていたから引き付ける作品が出来上がるのだが、監督のみとなるとこのような微妙な作品が出来上がる。 そもそもアクション描写があまり上手くないのか、この運び屋という世界観にあまり説得力がない。 取ってつけたようにに最後にミッキー・ロークを出しても、ぐだぐな中身に終始。 ゲスト的な配役よりも、脚本を整理する必要がある作品だった。

  • tit********

    2.0

    ネタバレプレスリーはウケ狙い?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kor********

    1.0

    ネタバレ映画なんで・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kun********

    1.0

    意味不明映画です。

    ネタバレしても理解不能ですね。 なので、何処が判らない理由なのか?判らないと思った部分を戻し、何となく 理解にこぎつけました。 設定として、主人公は元マフィアの凄腕殺し屋で記憶を無くしてる、そして 顔を整形して別人として暮らしてる。 記憶喪失の原因は有りません、顔整形の原因も判りません。 FBIが出て来て、出て来た時点ではFBIとは判らない。 運んでもらいたいカバンを持って来て、イーグル、シービルって名前の男にこれを届けろ、時間は確か60時間。 従わない場合、家族を殺すと脅す。 記憶喪失して過去の判らない人で、家族はボクシングジムで仲良しに成った高齢者の娘と孫娘。この家族関係も巻き戻してそうだったんだと私は判りました。 前述のFBIですが、主人公が警察に拘留されるけど、裏で手を回し、釈放 させる。でもFBIと謎の依頼主の関係を説明してないので、なんでFBIが 絡んでるのか?理由は不明。 そして夫婦の工作員が主人公を襲い、拷問に掛ける。 この映画で一番印象的場面ですが、拷問に掛けて何を聞きたいのか不明です。 確かにイーグルシービルとは何者だ?と質問はするけど、謎の依頼主はそれを 知ってる訳で、これも巻き戻して 何を聞きたかったのか確認して イーグルシービルは何者だと吐かせようとする。 全く意味不明の展開。 要は拷問場面を作りたかったとしか思えません。なので、ここは拷問シーン として楽しんでって事だけで、必然性は皆無。 そしてラストラスベガスへ行くことになる。あ ココは確認してないけど、 ラスベガスに行くそれなりの理由は有ると思うが 無いかもしれない 此処まで意味不明だと正直どうでも良いですね。 ラスベガスの事務所で得意のPC技を使いイーグルシービルとは?と検索する。 出来てきません。??????途方に暮れてふと見上げると電光文字が走る。 Elvis Presley エルビスプレスリーふんふんで 次elvis live エルビスライブ・・・つまりそっくりさんショー?待てよelvis liveエルビスライブ あ これ逆に読めば イービルシービルそうか謎は解けた って アルファベット普段使いして無い者にこの展開を把握するのは不可能。 2秒程度で電光文字がささっと流れるだけ。 この部分を何度も繰り返し、ストップを掛けてやっと理解出来ました。 で そっくりショーへ向かい、公演を終えたそっくりさんの後を付けて事務所迄 行く。 そこで、全ての謎が解き明かされる。 前述の様に、主人公は記憶喪失して整形してる殺し屋。 そして俺はマフィアのボス 懐かしいなおい、此処でも何故整形したのか? 説明がないが兎に角、マフィアのボスとその相棒の殺し屋共に整形をして 再会した。フラッシュバックシーン見たいのがパパパと出て来て、思い出した シーンですね。 そこで、ボスの嫁と主人公が不倫関係だったそして子供迄出来てる。 其処で怒ったボスが嫁を殺し、主人公は逃げその時大量にボスの手下を殺してた。その後記憶を無くし整形をし、此処へ誘われた。 で 結局ボスは何をしたかったのか? 不明です。 殴りつけるけど、その後何故か後ろ向きになり、主人公は銃を拾いボスを殺す。 意味不明です。 もしみる気なら、此処を参考に見た方がイライラしないでしょうが、 結局意味不明には変わり無いから 見たい方がいいでしょうね。 時間制限も全く必要で無く、タイムを刻む腕時計の数字は 何の意味があるのか? 装飾でしょうね。 これは映画じゃなく装飾として、意味を求めちゃダメなんです。何かやっと判りました。

  • くそげーまにあ

    2.0

    ネタバレ「エンゼルハートかよ!」と見てみれば…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ぴんぴん

    2.0

    ラストのどんでん返しより

    あれ?ミッキーロークじゃん。何してんのw って思っちゃった・・・ それなりに作りこまれた映画ですが、作り手のセンスが足らないのか、わかりにくい内容になっています。結局何処に感情移入したらいいのかわからぬまま、最後にミッキーロークに移入しちゃった^^;

  • mom********

    5.0

    あらすじを上回る人物の魅力

    どこかレトロな匂いのするハードボイルド。ストーリーがどうというより、登場人物達の個性や魅力にひきこまれる作品だと思います。 個人的には主人公のドラマ出演(スパナチュの父親役)の時とは違う艶っぽさがよく、貫禄たっぷりなミッキー・ロークの出番を待ちながら楽しませて貰いました。 その他の人物達もそれぞれの持ち味がよく出ていて、根拠のない臨場感というか、異質な色合いの賛否両論を呼ぶ映画かなとは思います。私は好きです。

  • sfq********

    5.0

    これは良かった

    レイトショーで公開されたのは知っていたが時間が合わず見逃した作品。 ラストはそういう話だったかと思ってしまったわ。しかし主人公は渋いねえ。これは拾い物かも。

  • yao********

    4.0

    ネタバレ渋い、そして深い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ibu********

    2.0

    ネタバレすべてにおいて全然意味がわからない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kt2********

    3.0

    筋は悪くないけど、何か腑に落ちない・・・

    作風としては結構好きな作風だったのですが・・・。 ラスト、そう来ちゃいましたか(^^; 何だか見終わってからのモヤモヤ感が、半端無いんですけど・・・。 まあとりあえず、ジェフリー・ディーン・モーガンが演じた主人公のクーリエと呼ばれる運び屋の設定は、何気に好きな設定でしたね。 勿論ジェイソン・ステイサムのような映画的なキレ者も好きではあるのですが、こんなやさぐれ男の方がある意味現実的ですし、妙にリアルに感じれましたから。 その分、アクションシーンのスロー感は半端じゃ無かったですけどね(^^; ただ、全く持って安心感がない分、ドキドキ感はジェイソンの何倍にも感じれましたから、まあそこは良しとしましょうか。 姿の見えない男に鞄を届ける設定も、悪く無かったと思いましたよ。 鞄を届ける相手のイーヴル・シヴルとは一体何者なのか・・・何だかんだで惹きつけられましたから。 しかし、脚本・演出の拙さなのか、劇中どうにも腑に落ちないシーンが重なったこともあって、徐々にテンションが下がり、最後は・・・。 イーヴル・シヴルのトリックやその正体・・・唸らされそうで、全く唸らされなかったのですけど(^^; 傑作になりそうな要素もあっただけに、終盤の失速具合が本当に勿体無い映画でした。 途中クーリエと行動を共にしたアナの使い方も、途中までは良かったのですが、これまた終盤失速のパターンで本当に勿体無かった・・・。 彼女の特技をもっと生かす脚本にしても良かったと思うのですが。 アナを演じた谷村美月の10年後的な風貌のジョシー・ホーがめちゃくちゃ魅力的で、ありがちなセクシー美女とは一味違った雰囲気を醸し出していただけに、返す返すも惜しいとしか言いようがなかったですね。 ただ、途中でオチが読めた的なところは無かったですし、何はなくとも結末だけは知っておきたい衝動に駆られましたので、サスペンスとして全くダメな作品では無かったと思うんですよね。 終盤に登場するミッキー・ロークの存在感に相応しいラストまでの布石が、もう少ししっかりしたものであったなら、何だかんだで満足感は得られた映画だったような気もするのですが・・・。

  • aho********

    2.0

    ネタバレストーリーが良くわかりませんでした

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rob********

    1.0

    ネタバレほとんどノーカットでこれですか!?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wat********

    1.0

    最初から最後までわからんよ

    そもそも誰かわからない人物に主人公が物を届ける話。 謎の人物が見えるのは後頭部ばかり。 よくわからないうちに話だけは進んでいく。 それにしても、しょぼい殺し屋夫婦。 結局、探していたのは、、主人公自身なのか??? 最初から最後まで訳がわからず、終わった感じ。 謎を最後まで引きずる映画で、おもしろいものは限られている。 本作品は、失敗に終わったようだ。

  • tak********

    2.0

    うーん

    いまいち

  • gag********

    3.0

    地上波放送にて鑑賞

    ジェフリー・ディーン・モーガンはわりと好きな俳優の方だけれど、主役となるとなんか物足りなさを感じちゃうなあ。 ミッキー・ロークもちゃんと出始めるのは最後の方だけだし、全体的に出演キャストにあまり魅力を感じられなかったかな。 ストーリーは個人的にはオチを含め、それなりに楽しめました。

  • yos********

    3.0

    トランスポーターを期待したが

    クーリエが弱すぎた。ステイサムなら最初の撃ち合いで二人組の殺し屋を返り討ちにしてる。 落ちは見えていたがそこそこは面白い

  • enr********

    4.0

    現実的なラスト

    主人公の人生からすれば、ラストは、妥当だと思います。でも、え~?と不満あるいは消化不良に思われる方もいらっしゃるかも知れません。 お時間がある方は、ちょっと渋いこの作品を映画館で☆ 百聞は一見に如かず

  • gat********

    2.0

    人気ないね。

    レビューの数が少ないのにビックリ。 皆さんがレビューを書く気にもならない作品なんでしょうね。 私も観ていて、なにを表現したいのか解りませんでした。 残念ながら、作品の余韻を楽しむことも無かったです。

1 ページ/2 ページ中