ここから本文です

王様とボク (2012)

監督
前田哲
  • みたいムービー 115
  • みたログ 509

2.23 / 評価:282件

止まっていた時間と流れていた時間の差

  • mai***** さん
  • 2012年10月14日 20時22分
  • 閲覧数 2811
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

ブランコでの事故で12年間眠り続けていた男の子が目覚めた。

当時仲良くしていた友達の喜びと…
でも実際に会ってみて感じるどうしようもない“意識の差”

友達は6歳で時間が止まって…
自分は12年間の時間を過ごしてきた。

その時間の中で見たり聞いたり感じたりしてきたことはやはり大きいと思う。
子供心に思う“大人になりたい”という言葉を、あと1~2年で迎えることになる“12年間を生きてきた”子供たちは改めてどんな風に受け取るのだろうか?

その差をまともに受けようと思うか?
避け続けて見ないようにしたいのか?

大人になるってどういう事なの?
いつまでも終わりがない様に続いていくトンネルの先に、答えがあるのだろうか。


単純に松坂桃李さん目当てで見に行くと…『面白くな~い』って思うかも!?
愛情したり、友情したりするような作品じゃないからなぁ。
もっとこう…少年達がモラトリアムの時間を漂うような…
青春してるわけでもなく、ただ戸惑い続けるというか惑い続けるような作品だと思う。
そういう部分では実に桃李クンが微妙な感情を見せてくれてて悪い作品ではない。
二階堂ふみサンの単純な自由さが羨ましくなるような惑いの様子が延々と続く。
それゆえに難しくて理解しにくい作品に見えるかもしれません。
桃李ファンの人はそれでも桃李さんが見れればそれで良いのかもしれませんがネ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ