レビュー一覧に戻る
ふがいない僕は空を見た
2012年11月17日公開

ふがいない僕は空を見た

R18+1422012年11月17日公開

jet********

4.0

女性監督ならでは?R+18指定の本質とは

ヨコシマな下心半分で鑑賞しました。 ところが観ていく内にどんどん引き込まれていき いつしか下心なんざそっちのけで作品に見入っていました。 コスプレ趣味の痛い人妻が情事に明け暮れる内容かと思いきや 「命」と「性」を描いた結構メッセージ性の強い作品でした。 田畑智子の濡れ場が話題ですが、悪い意味で隠微な雰囲気が感じられませんでした。 私には彼女に「女」を感じませんでした。 (個人的な趣味嗜好なのでごめんなさい) 永山絢斗もいまいちパッとしない 一方で窪田正孝の演技と存在感は素晴らしい! 将来有望な役者さんです。 小篠恵奈演もなかなか良い味を出しています。 助産院という命を生み出す場を居場所にしている卓巳と なかなか命を授かる事が出来ないあんず 対照的な環境にある二人が、本来は命を創りだす為のセックスを快楽目的で求め合う様はとても印象的でした。 そして生きていく事に焦点が変わっていきます。 姑にイジメを受け、情事を晒されてしまうあんず。 学校中に秘密を晒され不登校になってしまう卓巳 痴呆症の祖母の面倒を見ながら不遇続きの良太 淫行の性癖で自分を追い詰めてしまうバイト先の先輩 親に育児放棄され万引きを繰り返す団地の子供たち 親に虐待を受け性格が歪んでしまっている女の子 「人が生を受けて生きていくと言う事は苦難の連続 それでも尚、生きていかなくてはならない」と言った内容になっています。 ただ演出が微妙です。 まず卓巳の母親 自分の息子が人妻と不倫していた事を学校近所に晒されているのに、「全くしょうがないわねぇ」と淡々としているって有り得ない。 次に卓巳を心配して家庭訪問に来る担任教師 とても教師とは思えないあのキャラクターに観ていてイライラします。 自然分娩に拘る夫婦 病院が嫌いだと言っていた妻に共感していたのに、病院にいく事になった途端激怒する夫!「何だこれ?」って失笑してしました。 唯一、助産院の助手が良い! 口も態度も悪くて無神経なんだけど善悪と信念に対する芯があって作中で唯一スカッとする登場人物です。 人間が生まれて生きていくと言う事はどういう事なのか… 神社で母親の言うセリフ、助産院で赤ん坊に投げ掛ける卓巳のセリフで 「生」と「性」を描いている事を示唆しています。 下心で観た作品でしたが思わず見応えのある内でした。 一見の価値ありです。

閲覧数8,536