レビュー一覧に戻る
コードギアス 亡国のアキト/第1章 翼竜は舞い降りた

mao********

4.0

皆さん短い短い言いますが・・・

正直、プリキュアの映画だって大体1時間ぐらいのもんですがそれに比べたら段違いでこちらの1時間の方が価値があるでしょう。 子どもに強請られて連れてかなきゃならない親御さんは子供でも1000円、前売りだって800円払って尚大人のチケット料もかかるのにそれでも毎年上映するのはそれだけの客入りがあっての事ですよね。 前の方も言ってますが、こういった類の映画の鑑賞料というのは多分に投資の意味合いがあると思っています。 私は「コードギアス」という作品が好きで、この作品にならたとえテレビシリーズとは監督や脚本、作画監督までが違っても、見に行く価値があると思ったからこそ観に行きました。 大体、見る前から上映開始時間と終了時間で上映時間が計算できるわけですから、見終わった後に短いとかいうのは遇の骨頂です。 それから、時間の感じ方というのはそもそも個人差もあるもので、作品によって2時間が長く感じるものもあれば、驚くほど短く感じたりもするものです。 私はこの作品に関しては1時間という時間がちょうどよかったと感じました。 作画の質も高く、KMFでの戦闘シーンは圧巻でしたが、まだ一章なのでストーリーや主なキャラクターの謎も多い為、如何せん作品がプロローグ的な感じになってしまうのは致し方ないないとはいえ、かなり時間をかけて作ったと思われる映像や質もさることながら、あの目の回るような場面展開をあと一時間以上ももし見せられたら・・・と思うと、ちょっと視覚的にも疲れてくるというか、飽きてしまうかもしれない。 エンドロールのイラストや予告に次章への期待を煽るところも、さすが引きが巧いコードギアスといった感じでした。 次章ではスザクとC.C.も登場のよう。新たなキャラクターと反逆でのキャラクターがどのように絡むのか、今後に期待したいものです。 欲を言えば少しでも、ルルーシュが出てくれると尚うれしいのだが・・・ そうすると主役のアキトを食っちゃいかねないので、もろ刃の刃ですね。 個人的には劇場でお金を払って観て損はない作品に仕上がっていたと思います。

閲覧数1,064