2012年6月2日公開

けっこう仮面 新生-REBORN-

R15+702012年6月2日公開
けっこう仮面 新生-REBORN-
3.1

/ 15

20%
20%
33%
7%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

全国屈指の進学校、スパルタ学園。そこでは学園長・サタンの足の爪を中心に配下の教師たちが、成績の悪い生徒に対してさまざまな拷問を繰り広げていた。そんなある日、仕置き教師を襲撃する謎の女がさっそうと現われる。それは、赤いマスクにブーツと手袋しか身に着けていない奇妙な姿をしたけっこう仮面だった。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(5件)

悲しい14.3%セクシー14.3%不気味14.3%絶望的14.3%かわいい14.3%

  • 安羅韋駄舜

    1.0

    何を見せたいのか?

    監督と脚本家は永井豪に土下座して謝れ! ギャグエロアニメを全く分かって無いのが分かった。 ギャグが無い。 エロくも無い。 面白い訳が無い。 けっこう仮面の背が小さ過ぎて 興ざめ。せめてスタイル良い子を使ってよ。

  • 週末社長ゆず

    3.0

    主役がババくさい

    主役が美形だがオバサンくさいし、ボディもイマイチ。 原作に忠実にもっとボンキュッボンの ボディじゃないとそそられない。 演技も学芸会レベル。

  • シンハ

    3.0

    ネタバレまさか、変態呼ばわりされて

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • アルファ

    1.0

    何故シリアス路線に走ったのか?

    かなり前の作品になりますが友人から「酷い」という噂を聞き視聴しましたが想像の左斜め上を行く酷さです。 全く原作を読んで無いスタッフが作ったとしか思えません。 けっこう仮面から永井豪先生の真骨頂で有るパロディ・ギャグ・エロを排除しリアル・シリアス路線に振った時点で結果は既に見えてます。 シリアス路線といってもアクションシーンも特撮等の類いも無く素人作品に少し毛が生えた程度のもの。 けっこう仮面も均整の取れた身体かも知れませんがもっとグラマラスな役者さんが演じた方が良かったかな。 所謂「疾風のように現れて疾風のように去って行く」シーンもけっこう仮面のテーマも流れずカッカッカッとブーツのヒールを鳴らしゆったりと歩いて行くのみで盛り上がりに欠ける。因みに必殺技の「おっぴろげジャンプ」は最後に一発放つだけ。あと「変態」の一言で激情化し女子高生をフルボッコにする様な設定は如何なものか。敵のサタンの足の爪も長髪のオタク野郎がアノニマスの面を付けた様な感じでパロディもへったくれも有ったもんじゃない。 希志あいのさん、戸田れいさんが出演と聞きヌードを期待すると劇中裸になるのは「けっこう仮面」その人だけ。あいのさんもれいさんも高校生役にはかなり無理が有るなぁ。所謂「仕置」のシーンは目隠しに猿轡ハメたりロープで吊るしてタコ殴りとか陰湿なものばかり。実際にいじめ無くても真弓ちゃん上半身裸→「助けてお姉様」→けっこう仮面登場→お仕置き寸止めでいいと思うんですよね。 1時間程度ですが「見るだけ時間の無駄」の様な作品でした。

  • che********

    4.0

    ちょっと陰湿なシーンが多いかも

    何と言っても『けっこう仮面』のスタイルが良い点が一番の見所でしょうか。女優名の公表が無いので誰が演じているかは分かりませんが、素晴らしいプロポーションです。 けっこう仮面の戦闘シーン以外は裸の露出は殆ど無く、ストーリー的にはエロなのに、映像はちょっと陰湿な感じがして、エロなのかそうでないのか中途半端な感じに仕上がったようでちょっと消化不良でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
けっこう仮面 新生-REBORN-

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日