2012年8月4日公開

ハーフ・デイズ

UNCERTAINTY

1012012年8月4日公開
ハーフ・デイズ
2.7

/ 57

7%
12%
37%
30%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(21件)


  • kyo********

    2.0

    ネタバレ私のオチの想像

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mas********

    2.0

    ネタバレある意味衝撃の結末

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mei********

    1.0

    つまらん!

    ジョセフ・ゴードン大好きです。が、贔屓目に観てもつまんなかったですね。もう話も忘れたくらいつまんなかったんですがラストは「は?意味わからん」って思ったことは覚えてます。 どうせ観ても忘れるくらいの内容だし頑張って最後まで観なきゃよかった。

  • chi********

    3.0

    ネタバレスリラー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kan********

    2.0

    意味のないラストで評価が下がる

    パッケージ見た時に ジェームズ・フランコかと思ったけど あら違う、、、 ジョゼフ・ゴードンだったのね。。。 まぁそれは置いといて 内容が興味深かったので、 評価とかあんま気にしないで 思い切って借りてみました。 黄色のモノが出るシーンと緑のモノが出るシーンで お話を分けてます。 黄色の服とか車とかそのまた逆に緑のモノで 分けてます。 そういうアイディア、演出は意外と新しい試みかな~と思いましたね。 ただ内容が安っぽいんだよね。 ラストも結局ナニが言いたかったのか消化不良&時間の無駄という。。。 個人的には黄色の話のがまだマシです。 緑サイドの話ってほとんどそこら辺に溢れてるドラマぢゃんみたいな。。。 黄色サイドの話は無理矢理感はあるもののまぁまぁスリルはあったかな~ とは思います。 でもさっきも書いたけど結局どっちの色の話もラストに意味がなかったので 結局はそのプロセスでさえ無駄に思えるという。。。 時間がヒマな人にもあんまオススメできないかなと。 出てる2人か、もしくはどちらかのファンしか観る意味ないでしょうね。

  • kt2********

    3.0

    ハーフ&ハーフ

    予告編を見た時はかなり面白そうな映画だなと思ったのですが、実際見てみたら、期待通り!とまではいかずな感じでしたかね。 まあ世間の評価ほど悪い映画では無かったと思いますが、然りとて強調するほど面白かったとも言い難いような・・・。 手法こそ違えど、過去にも同じ日に主人公が違う選択をしていればどうなったか的な映画はありましたから、新鮮味と言う点でも特筆するほどでは無かったと思うんですよね。 まあこの手の映画が好きな方なら見て損はない映画だったと思いますが、それ以外の方はキャストに好みの俳優でもいない限りは、無理してまで見る必要は無い映画かなと・・・。 ただこの映画は、大まかなストーリーこそ決められてはいたものの、役者の台詞回しや演技に関してはその場の即興だったと言うことで、かなり通好みな作品ではあったようなんですよね。 私は本編を見てからその事実を知ったので、何か妙に間が悪い映画だなぐらいにしか思えなかったのですが、最初からその事実を知っていれば、また違った目線でこの映画を見れていたかもしれません。 かと言って、もう一回見直す気力までは湧かないのですが・・・。 まあ2パターンそれぞれのエピソードに関しては、私はそれなりには見応えのある内容だったと思いましたよ。 ただ、あまりにもエピソードの切り替えが早過ぎでしょうよ。 ほとんど感情移入する間もなく違うエピソードの場面に切り替わっていた印象ですね。 一応イエローバージョンにグリーンバージョンと言うことで、分かり易い服を着てくれてはいましたが、視覚的な部分ではなく心の問題として見る側の感情が追いつかないと言うか・・・。 イエローバージョンがクライムアクション、グリーンバージョンがヒューマンドラマでしたので、尚更心の準備が追い付きません(^^; それぞれ交互に見せながら核心に迫っていくみたいな手法は嫌いじゃないのですが、何もここまで足早に映像を切り替えなくても良かったのではないかなと・・・。 そんな中でも、グリーンバージョンのエピソードは本当に良く出来ていたと思いましたよ。 彼女の実家を訪れた際に浮き彫りになった彼女の家族の諸問題、彼女の実家で彼の方が何となく居心地が悪くなってしまうような微妙な空気感、そしてカップルの将来に関する問題と・・・まあ相手方の実家訪問時あるあるな感じで、こちらは何だかんだで結構見入ってしまいましたね。 微妙な空気感を和ませる存在となった拾い犬の使い方なんかも、何気に絶妙だったと思いました。 ジョセフ・ゴードン・レヴィットもリン・コリンズも、キャラクター的には断然こっちの方が似合っていましたよね。 逆にイエローバージョンの方は、面白そうな話だったのに、演出も結末も今一歩の感でちょっと拍子抜けでした。 タクシー内で携帯を拾ったが為に何かの犯罪に巻き込まれてしまい、謎の組織に追われる羽目になって、その後どうなってしまうのか・・・期待して成り行きを見守りましたが・・・。 あそこまで引っ張ってその選択は・・・。 ジョセフもリンもあまりキャラに合っていなかった印象でしたし・・・ちょっと消化不良気味です。 もしイエローバージョンのみで作られていたら厳しい評価をせずにはいられませんでしたが、グリーンバージョンはなかなかの良作でしたので、良い映画と悪い映画のハーフ&ハーフな映画だったとでも考えれば、まあ見れないことはない映画だったかなと。 と言うか、イエローバージョン無しで、グリーンバージョンのみをもっと掘り下げて見たかったような・・・。

  • nek********

    3.0

    黄色と緑の2つの世界

    上映している映画館が少なめでしたが、私の観た回は満員でした。 人気が出る前のジョセフ・ゴートン・レビットが、オーディションを受けて出演した映画らしいです☆ セリフが全てアドリブだったらしいですが、 そんな風には思えませんでした。 パラレルワールドで、黄色の運命を描くストーリーと、緑色の世界のストーリーが交差して進んでいきますが、 衣装が黄色と緑に分れているので、どちらなのかわかりやすいです。 ジョセフ・ゴートン・レビットとリン・コリンズのカップルが絡むサスペンス風の世界と、彼女のファミリーを軸に描いた世界の2種類が楽しめます。 なぜその判断をするんだ~?!とか、所々突っ込みどころはあるのですが、小柄な印象のあるジョセフが、スラリと長身でかっこよかったです☆彡 どちらの世界でも、二人の絆が深まるのが素敵でした☆

  • tomtom

    3.0

    少なくとも、

    かなり荒削りな映画かなと感じた。色がなぜイエローとグリーンなのか、服装もイエローとグリーンに合わせているのがベタだなと感じた。最後の決断もテーマの不確かさを残す決断になっているのが、テーマにこだわりすぎて、ストーリーに変化がある内容が全て台無しになっている。ラストのセリフがイエローもグリーンも同じなのも、チープに見えた。真逆のようなそれぞれの展開を見せる事で、選択は無限にあると言いたいのだろうが、もっと白黒はっきりさせてもよかったと思う。ただ、カップルの愛情の深さ、二人の絆や、流れる空気感は演者の力量が見えていてよかった。セックスシーンはなくてもよかったと思う。不確かさと言うテーマの中でも愛というものだけは一貫して不動だったように感じた。

  • phantom=soul7

    1.0

    同じ主人公とは思えない行動論理。

    ・同じ一日を分岐したふたつの視点で描くわけだが、  物語に差をつけるために展開を大きく変えて、ジャンルの違う作品をつなげたようになっている。 ・しかし、それが裏目に出ているようにしか思えない。  落差をつけるために行ったことだが、同じ主人公の決断とは思えない。  そして、オチがひどい。  結局なんだったの?感が否めない。

  • sai********

    1.0

    ネタバレバカップル

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sou********

    2.0

    だから何なの?な見事な中途半端さ!!

    う~む、久々の☆2つ、 あるカップルの同時進行する二つの運命の物語、 あっちで休暇を過ごすかこっちにいくかで運命は 大きく変わる二つの物語。 設定が面白いし、 主役はジョセフ・ゴードン=レヴィット、 期待に旨膨らみ、 そして見事なぐらいしょぼみました(^^ゞ あのその~、二つのストーリーが見事に面白くないです、 ひとつはある携帯を拾ったことから始まるサスペンス、 ひとつは彼女(リン・コリンズ)の実家にいっての家族の物語、 完璧なぐらい面白くないんです、 最後までこの二つの話がシンクロして決めのオチがあるんだろーと期待した俺が バカでした。 どちらの話も中途半端、 だから何なの?な観てる人におまかせみたいな、 でもあれじゃおまかせてもらっても困ります!なつまらなさ、 登場人物にも全く感情移入できませんでした、 でも最後まで期待を持ちつつ観せていただいたので つか思わせぶりが最後まで続いたので、なんとか☆1つは思いとどまりました。

  • ken********

    3.0

    ジョセフかっこいい

    ジョセフ・ゴードンはかっこいいねえ。 二つの世界が、全く違う話なんだけど、人生なんて、一つの決断で全く違う人生になるからね。 前を向いてがんばっていきましょうって感じかな。 でもね、両方の話がいまいちおもしろくなってないんですよね。 ちょっともったいない。

  • ado********

    2.0

    オチなしで唖然、、

    冒頭つかみは良くて、中盤いや後半にきっと何か凄すぎる展開があるに違いないと思わせる詐欺的引っ張り。ジョセフ・ゴードンだしと我慢しながら期待しながら、しつこくエンドロールまでしっかりチェックも虚しく見事に裏切られました。 びっくりするぐらいの駄作ですね(笑)

  • ada********

    5.0

    右へ行く?左へ行く?

    1組のカップルの全く違った1日を綴る物語。イエローバージョンは、拾った携帯電話から始まるマンハッタンでの逃走劇。グリーンバージョンは、拾った犬を連れて行く彼女の実家のお話。 こんなに全く違うお話を組み合わせた作品って他にあるのかな?なかなか面白いと思いましたよ。陰と陽とかプラスとマイナスとかじゃなくて、全然違うっていうのがイイよね。どちらか一方でも作品になりそうな、そんな感じでした。 結末が~ってレビュアーさんが多いけど、中途半端な終わり方だからこそ私は好きです。。上手くまとまっちゃうより良かったと思います。まぁ消化不良って感はありますけれど、、ね。。 ☆ジョゼフ・ゴードン・レヴィット・・・アクションもなかなかヤルけど、彼女の実家で居場所のない彼氏役の方が断然似合ってる。 ☆リン・コリンズ・・・普通っぽいお顔なのに、時々きらりと変わります。こちらも悪巧みよりは家族問題の方が似合ってる。。 ◎イエローバージョン・・・携帯電話・殺人・逃走・大金などなど、まあまあ面白いけどアリキタリ。どうにもならないで終わるのは、、、チョットね。 ◎グリーン・バージョン・・・彼女の実家でパーティーしてるだけなんだけど、これイイですよ。仲良し家族のようだけど、やっぱり色々あるんだね。。こちらは、締めは不要。家族はずっと続いていくものだから。。 どっちバージョンに比重がかかってるのかな?同じくらい?延々とイエローをやったと思うと、ちょっとだけグリーンが出てきたり、その切り替えも巧いと思いました。微妙にシンクロしてる画面もあって、面白かったです。。 でも、どうしてこんなに評価が低いのかなぁ????

  • oce********

    3.0

    選んだ先

    ボビーとケイトは橋の上で迷っていた。 一方では携帯を拾いドラマが始まり、もう一方では迷い犬を拾う。 一つの選択で二つのドラマが始まる。この形は「スライディング・ドア」と全く一緒の方法である。 だがドラマという意味ではあまり脚本が面白くない。 ジョセフ・ゴードン=レヴィットだけは取りあえず画面を持たせる存在であることはよく分かる。 個人的に痴呆の気がある父がいる家族団欒の場面は良かった。

  • tug********

    3.0

    中途

    発想は良いし 前半まではよさげでしたが 2つのストーリーとも 盛り上がりにかけ、中途な感じでした 分岐点で、どちらに進むかは 人生の大きな課題 でも選んだ後は、悔やまない だって2回はできないから リセットがあればと思う今日この頃

  • soramura_00

    3.0

    なぜに黄色いじゃんけんTシャツ・・

    他の方のレビューにあるようにたしかに中途半端。出だしはとてもミステリアス。その後の展開に期待しつつ中盤へ・・・しかしそのあとがもうひとひねりあって欲しかった。あれだけの犯罪に巻き込まれ命狙われて、その結末はどおなの??!!しかもその目立ちすぎる黄色Tシャツで逃げるのって・・・ この映画、おおまかな場面設定物語の流れは決まってるけど、主役二人の演技が即興でセリフや動きの台本は無かったとジョセフがインタビューで言ってるの見たけど、台本無しであれだけ演じられるなんてスゴっ!

  • さむ

    2.0

    即興演技作品

    うーん、好きなタイプの映画なのに、全くってほど疾走感が足りなかった。 せっかくレビットくんなのに、なんて残念な作品。 オープニングは面白そうで、わくわくさせてくれたのに。 女優さんが大雑把っていうか、大味っていうか、繊細と真逆なイメージ。 あ、これ役者さんたち即興で演じてるんだ。 そう思って見たら少しは面白かったかも。 けど、演じるほうは楽しかったかもしれないけど、見てるほうは消化不良だなあ。 やっぱり脚本がしっかりしてないと、辻褄が合わなくて中途半端になってしまうのでは。 DVDに2人のオーディション風景が入ってるけど、これまた見事にうだうだしてます・・。

  • いやよセブン

    3.0

    オチはどこへ行ったの?

    ボビー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)とケイト(リン・コリンズ)が過ごす一日を、二つのバージョンで描く。 一つは二人がケイトの親の家に招かれ、妊娠三ヶ月のケイトの葛藤が描かれる。 もう一つはタクシーに置き忘れたケータイを拾ったため、犯罪組織に命を狙われる。 ホームドラマとサスペンスドラマが並行するが、果たして落ち着く先は? 途中で映画館に入るが、やっていたのは黒澤明の「野良犬」。

  • bcm********

    1.0

    何もない映画

    ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演の似非サスペンス。日本ではおそらくDVDスルーで昨年末リリース。 ???だが先(オチ)が気になるオープニングに一応最後まで観たが、オチのなく何にも起きずにエンドロールへ、に あ然。2つの話(並行で描写される)、どちらもそこそこハッピーエンドだし何がしたいんだか。緑、黄色と分けて各方面それにこだわった小物とかもどうでもいい。まず脚本が書けていない時点で失敗だ。

1 ページ/2 ページ中