ここから本文です

恋のロンドン狂騒曲 (2010)

YOU WILL MEET A TALL DARK STRANGER

監督
ウディ・アレン
  • みたいムービー 198
  • みたログ 661

3.48 / 評価:273件

恋とは、はたから見れば滑稽なもの

  • たそがれ さん
  • 2013年5月23日 20時09分
  • 閲覧数 1015
  • 役立ち度 11
    • 総合評価
    • ★★★★★

ここんとこ絶好調に面白いウディ・アレン監督の作品、
ワハハと笑えるような話ではありませんでしたが
いい大人の滑稽でシニカルでありそうな恋と人生、
やはり面白い映画でありました。

老後のこれからを有意義に過ごしたいと考えた
アンソニー・ホプキンス、
彼が選んだ新しい奥さんはありえない中身なしの若い娼婦
捨てられた老婦は占い師にすがる、
来世や前世なんて他の者にとったら頭が痛くなりそうなことを信じてしまいます。

アンソニーの娘、ナオミ・ワッツ夫婦がこれがまた危機的状況、
夫妻それぞれ好きな人ができてしまう、

登場人物みんなそれぞれ心が弱った時に新しい恋によりどころを
求めようとしますが、
まー勘違いで痛い話ありーのうまくいきかけてしっぺ返しくらいーの
原点にもどろーかとしたら時すでに遅いーの、
妄想にとりつかれたりしたりーの
はたから見たら滑稽であり当の本人からすれば大真面目な
狂騒曲が繰り広げられます。

まー、恋なんてのは大真面目で滑稽なことかもしれません、
いくつになっても同じこと、
でも人生で欠かせない大事なことであるし人を最も奮い立たせ
傷つけることであるかもね。

ウディ監督らしく恋の空騒ぎを
我々にドライにアホらしく真面目にかつ笑い飛ばしてくれる映画、
それとそれだけでなくあの小説は~?、
は、やはりただでは終わらないサスペンス的な要素もあって面白く観れました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ