ここから本文です

コッホ先生と僕らの革命 (2011)

DER GANZ GROsE TRAUM/LESSONS OF A DREAM

監督
セバスチャン・グロブラー
  • みたいムービー 202
  • みたログ 479

4.14 / 評価:233件

解説

ドイツ・サッカーの父として同国の人々から敬愛され続けているコンラート・コッホの実録ドラマ。イギリス留学中に知ったサッカーを子どもたちに教えながら、協調や公正を重んじる精神を育ませていく彼の姿を見つめる。『グッバイ、レーニン!』のダニエル・ブリュール、『白いリボン』のブルクハルト・クラウスナ、『es [エス]』のユストゥス・フォン・ドーナニーら欧州を代表する実力派俳優が結集。サッカー強豪国であるドイツのルーツに迫った内容に加えて、コッホと教え子たちの絆を描いたドラマも見ものだ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1874年、イギリス留学を終え、ドイツへと帰国したコンラート・コッホ(ダニエル・ブリュール)。とある名門校へ英語教師として赴任した彼は、授業の一環としてサッカーを教える。サッカーを通して、子どもたちはフェアプレーとスポーツマンシップの精神を学び、それまで抱えていた階級や国籍に対する偏見が少しずつ薄れていった。しかし、帝国主義下にあったドイツでは反英感情が高まっており、イギリスで確立されたサッカーは反社会的なものの象徴であった。地元の有力者やほかの教師たちは、コッホを学校から追い出そうとするが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ