ここから本文です

レ・ミゼラブル (2012)

LES MISERABLES

監督
トム・フーパー
  • みたいムービー 1,263
  • みたログ 9,996

4.15 / 評価:6764件

歌が頭から離れない

  • do_do_mini さん
  • 2021年7月16日 22時50分
  • 閲覧数 342
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

夢破れてと、民衆の歌がリフレインする。
それにしても、パン1つ盗んだ罪で19年投獄ってあり得ない。殺人じゃあるまいし長すぎ。

バルジャンが再度盗みを働いた時、司教の慈悲に触れ、愚かな自分が惨めに感じられ、恥ずかしさで消えてしまいたくなった。そして実際、過去のバルジャンは一旦、心の中で死に、ここで生まれ変わったように思う。
しかし、その後が市長にまで上り詰めるのは驚いた。過去の実績がないのにどうやって。目立たず普通にひっそりと、一般人のいい人として生きていけばいいのにって思った。
妹や家族の元には戻らなかったのかも気になった。もういないのか!?

警官もバルジャンだけを執拗に追い過ぎ。他にもっと重罪いるでしょうに、なぜ!?仮釈放で逃げたから!?他にも逃げてる人いるでしょ、何年経っても顔覚えてるとか、どんだけ。力持ちが災いしたか。
何にしろ、この警官もある意味被害者。法を重んじすぎた結果、善悪が分からなくなった。法律や善悪なんて人間が作ったエゴなのに。秩序や法律より、心に従えば良かったのに。

生まれ変わったバルジャンは、途中途中迷いながら葛藤しながらも、自分の良心に従った。
生かされた命、実際には元々の心根の優しいバルジャンに戻っただけか。非道で残酷な現実に、人が変わって社会を恨んでしまったが、元々は優しい心の持ち主。元の自分に戻って、最後まで周りの人々に愛を与えた。自分の心の正義に従って。

コゼットを助けた事は、彼自身がコゼットの存在によって救われていた。途中の執着を手放した時、やっと安らかな世界に解放されたようだ。
そこでは、みんな楽しそうに歌っているね、民衆の歌を。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ