ここから本文です

スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜 (2011)

MIENTRAS DUERMES/SLEEP TIGHT

監督
ジャウマ・バラゲロ
  • みたいムービー 29
  • みたログ 168

3.39 / 評価:93件

ダメンズの引力

  • t32 さん
  • 2017年11月17日 16時54分
  • 閲覧数 936
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

アパート管理人のセサルは、合いカギを用いて好意を寄せる住人クララの部屋に入り込み、ベッドの下で彼女が寝静まるのを待っている。

なにこれ怖っ…。

アパート管理人セサルはまごう事なき気持ちの悪い変態で、性格も歪みきっている。
なにしろ他人を不幸に陥れることによって、相対的に自分の生きる意味を見いだしているのだから。

にもかかわらず、なぜかいつの間にか彼を応援している自分に気づく。
それはもちろんセサル主観で物語が進むからに他ならないわけで、決して共感しているからではない。

ただ、この変態管理人セラルには、それだけじゃない妙な魅力がある。
魅力というのは言ってしまえば人間臭さ。

報われない生活や、哀愁漂う表情の底にあるはずの何かを見つけようとしているうちに、いつの間にか引き込まれてしまうのだ。
もちろんそこに探しているものなど見つかるはずもなく、結果的には嫌悪感しか残らない。
にもかかわらず、見ているときはクララの彼氏の方が悪役にすら見えてくるしまつ。

なるほど、これがダメ男に惹かれてしまう女性の心理か…。
などとどうでもいいことを妙に納得してしまった。

エロスをうたい文句にしているけど特にエロさはない。
それよりもハラハラドキドキ、ラストの胸糞悪さも相まって、一級品のサスペンス映画としてとても楽しめた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ