レビュー一覧に戻る
ペイド・バック

ペイド・バック

THE DEBT

113

いやよセブン

4.0

ナチスの残党とモサド

1965年、東ドイツでナチスの残虐な外科医を見つけ、イスラエルに拉致するため、モサドの3人が派遣された。 リーダー各のステファン(マートン・ソーカス、歳を取ってからはトム・ウィルキンソン)、若手のデヴィッド(サム・ワーシントン、歳を取ってからはキアラン・ハインズ)、女性のレイチェル(ジェシカ・チャステイン、歳を取ってからはヘレン・ミレン)は生け捕りに成功するが・・・。 とても面白く、ラストもバランスを考えるとこんな感じになるのかな。

閲覧数907