ペイド・バック

THE DEBT

113
ペイド・バック
3.3

/ 83

11%
41%
25%
12%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(22件)


  • xdz********

    2.0

    諜報員の苦悩が描かれた作品!

    2022年、ロシアとウクライナの紛争があり何となくこの映画が気になって視聴しました。 ストーリーは割愛して、堅苦しいようで実は純愛や過去の過ちにずっと引きづられていたという話。 モサドと言うイスラエルの諜報機関でも失敗するんだねって妙に納得したし、諜報員の苦悩も感じることができた。 ユーモラスな場面は、ほぼないので堅苦しい作品が好きな人向けかなって思う。

  • 1048

    1.0

    ストーリーに入り込めない

    とにかくパッとしない展開に 半分辺りでギブアップ。 観ていて大した脚本でもなく感じ 退屈極まりなかった。 個人的に合わなかったかな

  • k2b********

    4.0

    監督と役者は最高・脚本は良いのか?

    ストーリーは簡単で誰もが理解できます、その分登場人物の人間性に迫り良く出来ています、引き込まれました。 1966年と30年後映画は、初めに1966年を一生懸命見せます・そのイメージを刷り込まれます、ここでジェシカ・チャステインの個性ジワリときます 彼女の独特の雰囲気は、30年後のヘレン・ミレンとは明らかに違います。 ドクターだけが同じで二組の役者、見ている人は切り替えできたのかしら? 自分にはストーリーが二つ有る様に感じられ若干違和感あります。 気になるのは、ジェシカ・チャステインの方で彼女には感情移入します。 結構良く出来ていた復讐劇です、ドクターが良かった。

  • fg9********

    4.0

    悪役が鮮烈に脳裡に残る、良質なサスペンス

     …あらすじは、解説のとおり。  イスラエルの秘密諜報員の3人(男2人・女1人)が、ナチスの戦犯ヴォーゲルを裁判にかけるために誘拐してその作戦は成功するものの、30年後にその意外な事実が暴かれてゆくというストーリー。  終盤まで、手に汗を握るスリル感を堪能出来た。  主演のレイチェルを演じた二人(現在のヘレン・ミレンと過去のジェシカ・チャステイン)の演技は勿論見事だったが、一見温厚な産婦人科医のヴォーゲルの囚われてからの本性丸出しの怪演には鳥肌がたった。  悪役が鮮烈に脳裡に残る、見応えのあるサスペンスに仕上がっている。  なお、余談だが、若い頃のレイチェルの自宅パーティーで、ザ・ゾンビーズの「She is not there」が流れていたのが、何とも懐かしかった。

  • riy********

    1.0

    二度と見たくない

    今まで見た中で、最悪だった。気分が滅入って、見たことを後悔した。

  • ぷー

    1.0

    私には難しい…

    こういう話は普段ボ~ッと過ごしている私には難しくてよくわからなかったですm(- -)m なので全く面白くなかったです。 男性配偶者は面白かったと言ってたので、やはりこれもいろんな感想があるでしょうし、評価は高かったので私が珍しいのでしょう。 凝ったお話が好きなかたはどうぞ。

  • fir********

    4.0

    ネタバレなかなかないよ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mas********

    4.0

    つきまとう悲劇の影

     ナチスは映画史において一番多いとされる題材である。    この悲劇の元ネタはアウシュビッツ・ビルケナウ収容所における残虐医師ヨーゼフ・メンゲレとモサドの追跡劇であろう。     メンゲレもアルゼンチンへ逃走し、最後まで捕獲されず、川で溺死体となって発見された。いつもモサド追尾との恐怖の日々を送ったとされる。  2012年現在、『ゼロ・ダーク・シティ』が公開中である。  かの映画も、当映画と同様、米CIA女性分析官と、テロリストの首謀者の追尾を描いている。共通するのは、女性スパイ、国家の威信、正義とは何か、悲劇の代償である。  米映画はいまも尚、アラブとの確執から逃れられない。アカデミーの対抗馬は『アルゴ』だし、ビグローの過去作『ハートロッカー』etc…。  米国はまたユダヤ系が多く、その代表格は。スピルバーグだろう。彼の秀作『ミュンヘン』は、まさにこの当映画と見比べれば、いっそう、イスラエル=モサドとアラブ諸国との複雑な関係を垣間見える。  スピルバーグが代弁するように、ユダヤ教徒と、アラブ、ナチスドイツはこれからも、多くのテーマ性をもった作品を世に送り出すのではないか。  ヘレンミレンは好演であり、彼女の若き頃を演じた女優さんも同様、『ゼロダーク…』におけるCIA職員の内面の葛藤を彷彿させる名演である。S・ワシントンも意外な演技派であることも分かりました。    この映画がアカデミー選考対象日より遅れたせいか、あまり話題にならなかったのがちょっと不思議です。 

  • bar********

    5.0

    秀逸なスパイ映画

    予想以上に出来の良い、上質なスパイ映画でした。 何故本作が日本では劇場未公開のソフトスルー作品になったのか、理解に苦しみますね。 まあアクション満載の大作映画では無いので、大々的に全国のシネコンで拡大公開するのもどうかとは思いますが、小規模で劇場公開する価値は十分あったと思いますし、劇場で正規の料金を払って見ても全然惜しく無い、そのぐらい秀逸なスパイ映画だったと思いましたよ。 ヘレン・ミレン、サム・ワーシントン、ジェシカ・チャステイン等々のキャスト陣を見ても、ネームバリューで見劣ることは絶対無いと思いますし、内容もめちゃくちゃ面白かったですから、本作が劇場公開されなかったのは本当に不思議でならないですし、本作があまり多くの方の目に留まらずひっそりと埋もれてしまうのは勿体無さ過ぎだと思いましたね。 さて気を取り直して内容の方ですが、本作は1965年にイスラエルの秘密諜報機関モサドのメンバー3人(ステファン、デイヴィット、レイチェル)が担った東ベルリンに潜むナチスの戦犯ヴォーゲルの誘拐任務に関する顛末と真相が、30年の時を経て明らかになっていく・・・祖国の英雄3人に隠された真実とは一体!と言ったような内容となっていました。 序盤にいきなり結末のようなシーンが出てきた時は、そのシーンがどう言った経緯で起こったのかを見せる映画なんだと思いましたが、なんのなんの・・・そう単純な話では無かったですね。 時間軸をずらしながら、徐々にその裏に隠された真相に迫って行く、思いっ切りスリリング且つサスペンスフルな展開が待っていました。 これぞスパイ映画!と思わされましたし、物語にグイグイと引き込まれてしまいましたね。 脚本、演出、役者の演技、どれをとっても一級品と言える作品だったと思いましたよ。 モサド諜報員の3人の人物設定がしっかり確立されていたので、序盤からスンナリ物語に入り込めたのがまず好ポイント。 スパイ映画はホント取っ付き難い映画が多いですからね・・・。 それから、若かりし頃を演じた3人と老齢に達してからの3人のイメージがピタリ整合していて、全く違和感を感じなかったのも好ポイントでした。 特に主人公であるレイチェルを演じたヘレン・ミレンとジェシカ・チャステインの2人の存在感が本当に素晴らしかった! まあヘレンの存在感は言わずものがな、この映画は何と言ってもジェシカ・チャステインの演技・存在感あってのものだったでしょうね。 ヘレンほどの大女優の若かりし頃を演じても見劣るどころかむしろそれ以上の存在感を示すのですから、ジェシカは本当に大したものです。 若かりし頃のレイチェルVSヴォーゲル、そして30年の時を経て繰り広げられた老齢に達したレイチェルVSヴォーゲル、その対峙シーンは、本作の最大の見所と言えるぐらいハラハラドキドキさせられました。 30年間3人が抱え続けた負債の処理をしようと奮闘する終盤のヘレン・ミレンのスパイっぷりは、「エクスペンダブルズ」のオジサン軍団にも負けないぐらいの奮闘振りでしたね(笑) また、ナチスの戦犯ヴォーゲルを演じたイェスパー・クリステンセンのしたたかな演技にも舌を巻きましたね。 見た目は極々普通の中年医師でしたが、心の中の邪悪さと言ったらもう・・・半端無い! ユダヤ人をこれでもかと扱き下ろすヴォーゲルが、本当に憎たらしく思えました。 3人のリーダーであるステファンを演じたマートン・ソーカス→トム・ウィルキンソン、そしてデイヴィッドを演じたサム・ワーシントン→キアラン・ハインズに関しても勿論素晴らしかったですよ。 特に、武骨で正義感は強いけど女性に対してはちょっと奥手な若かりし頃のデイヴィッドを演じたサム・ワーシントンが物凄く嵌り役だった印象で、初めて彼に役者としての魅力を感じれる作品に出会えたかなと(笑) 奥手なデイヴィッドと女性の本能を抑えきれないレイチェルの関係が、何だか本当に切なくて、もどかしくて・・・何気に結構ツボでした。 スパイ物としても上質でしたが、そこで展開された三角関係も本当に見応えたっぷりでしたね。 まさに一粒で二度おいしい作品でした。 まあソフトスルーのマイナー作品ですけど、私的にはかなりの大当たりでした!

  • myb********

    4.0

    スリリングなスパイ・ミステリー

    モサド(イスラエル情報機関)の工作員3人が、ナチスの人体実験で戦犯となっていた収容所の外科医フォーゲルを倒したイスラエルの英雄として帰国したことを、工作員だったステファン(トム・ウィルキンソン)とレイチェル(ヘレン・ミレン)の間に生まれた娘が30年後に本にして発表したところから物語が始まります。もうひとりの工作員だったデイヴィッドが自分を呼び出した男がステファンと知って、脇を走り抜けようとするトラックの前に飛び出して謎の自殺を遂げる衝撃の幕開け。 原題は「THE DEBT」で「代償」とか「負い目」、自殺したのは何かに「負い目」を感じていたから・・・?「ペイド・バック(PAID BACK)」は「払い戻した」。その後過去のミッションで英雄的存在になった経緯が映し出されるので、いったいなぜデイヴィッドが?って謎を引きずりながら、ミッション当時を最初から振り返る映像が始まります。 若かりし頃のレイチェルをジェシカ・チャスティン、デイヴィッドをサム・ワーシントン、ステファンをマートン・チョーカシュが演じていて、見た目は30年後を演じた俳優さんたちと似てるワケではないにもかかわらず、フシギと若い頃の3人だって思えるようになってきます。 この3人のそれぞれの思いが複雑に絡み合いますけれど、一度ベルリンからの脱出に失敗したために訓練を受けているはずの工作員たちですら不安定な精神状態に陥るっていうさまがよく描かれてます。拉致したフォーゲルを演じたイェスパー・クリステンセンがまた、「羊たちの沈黙」のレクター博士を髣髴させる不気味で危うい殺人鬼的なムードをめっちゃ漂わせていて背筋が寒くなるほどです。 30年前のミッションで何があったのか、そしてデイヴィッドの自殺の謎が徐々に明らかになっていくミステリーで、モサドで出世したステファンが新たにレイチェルにひとつの命令を下すことになります。 ミッション当時の工作員たちのアクションとそれぞれの存在感、30年たったあとに再び起こる何かに立ち向かうレイチェルを演じたヘレン・ミレンの重厚な存在感が、鮮烈な印象を残す見ごたえのある作品です。若い頃を演じたサム・ワーシントンとジェシカ・チャスティンがお互いに惹かれあっていながら結ばれること泣く終わってしまった切なさも、モサドの工作員としての任務を遂行する姿も、実に味わい深く描かれていたと思います。 最後に娘のために下した母としてのレイチェルの決断も見所です。タイトルの意味を考えながらいつも観るんですけれど、観終わって振り返ったときにわかった気がしました。

  • wor********

    4.0

    ネタバレミステリー・サスペンス・恋愛

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nyb********

    5.0

    良質のスパイサスペンス

    多数の脚本家が参加していると、 一貫性に欠けた内容だったりすることが多いですが、 本作においてはそのような懸念は杞憂に終わりました。 映画全体において、 カットすべき無駄な部分がなく、 非常に上手くまとまっていて質が高い。 カメラワークも洗礼されており、 安心して映画の世界に浸り込むことができる。 音楽も同様の理由で文句なし。 役者の演技も素晴らしい。 ヘレンミレンは言わずもがな、 サムワーシントンが見事な演技を見せてくれます。 役者としての彼が見たいなら、 「アバター」や「タイタンの戦い」よりもこれ。 観賞前よりも好感度が上がりました。 しかし彼よりも誰よりも今回褒めるべき役者さんは、 若き頃のヘレンを演じたジェシカさんでしょう。 追い詰められた状況下でヒステリックになる様は見事でした。 良質のスパイサスペンスです。

  • abu********

    4.0

    ネタバレ3度あるガチンコ対決

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hid********

    4.0

    良質なスパイ映画

    オリジナルを観てないが、これは面白かった。 過去と現在のフラッシュバックが効果的。 役者も一級のメンツばかり。ヘレンさん流石の演技!

  • tak********

    4.0

    つい最近

    同じ話を観たなぁと。リメイクなのかな?ほぼ内容は同じでしたが、こちらもスピード感があって、面白かったです。とても印象に残ります。

  • aki********

    4.0

    ○上質で完成度の高いスパイ映画

    時代を前後させる描き方は、登場人物の心理や人間関係の交錯をよりリアルに表現している。 現実味のあるスリリングさは秀逸。 Jチャンセンはその容貌がこの種の映画にははまり役。 ゼロダークサーティに抜擢されたのもうなずける。 ☆4以上

  • nao********

    4.0

    秀悦なサスペンス

    冒頭から、衝撃的なトラックへの飛び込み自殺場面。思わず顔を背けたくらいリアル。 過去にプレイバックしながら、物語は進み、ようやく3人の隠し通していた謎が明かされる。更に今度は暴かれた事実に蓋をしようとして…。 とにかくどんどん引き込まれて行った。レイチェル役の女優は過去と現在が重なりながら登場しても違和感がなかったし、特に過去の若い方の役は綺麗だった。 スクリーンで観れなかったのが不満で⭐4にしました。

  • jackal1979

    4.0

    ネタバレ過去の嘘

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    4.0

    ナチスの残党とモサド

    1965年、東ドイツでナチスの残虐な外科医を見つけ、イスラエルに拉致するため、モサドの3人が派遣された。 リーダー各のステファン(マートン・ソーカス、歳を取ってからはトム・ウィルキンソン)、若手のデヴィッド(サム・ワーシントン、歳を取ってからはキアラン・ハインズ)、女性のレイチェル(ジェシカ・チャステイン、歳を取ってからはヘレン・ミレン)は生け捕りに成功するが・・・。 とても面白く、ラストもバランスを考えるとこんな感じになるのかな。

  • myd********

    4.0

    レイチェルを演じた二人が素晴しい作品

    昨年アメリカで観ました。日本では残念ながら劇場公開は無いようですがDVD発売されるようで、スパイ映画ファンにはぜひ観ていただきたい作品です。 さて、嘘というのは、その場はよくともつき通すことで結局人間をじわじわ蝕んでいくものと考えますが、本作まさしくその恐ろしさを表現していたと考えます。 脚本が良いと思ったら、『キック・アス』、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション 』のマシュー・ヴォーン& ジェーン・ゴールドマンでした。それらの前の作品のようですが、外れの無い脚本家で安心して観れますね。 主演のレイチェルを演じた二人、ヘレン・ミレンとジェシカ・チャステインは共に難しい役を見事に演じていたと考えます。 ベテランのヘレン・ミレンの凄みある演技も良かったですが、ジェシカ・チャステインも別の作品ですがアカデミーにノミネートされるだけの役者だと思います。 いずれにしても、この二人の演技がこの作品の肝であったと思います。 唯一サム・ワーシントンが、どうしても『アバター』のイメージが残ってしまい彼だけが違和感あったのが残念でした。 『恋におちたシェイクスピア』以来もう一息の作品が続いたジョン・マッデン監督ですが、脚本に助けられたとはいえ、30年前と現代を行き来する演出も冴えていたと考えます。 最後まで重く暗い作品ではありますが、たまにはこういった作品もいいなと思いました。

1 ページ/2 ページ中