イントルーダーズ
3.0

/ 28

7%
14%
50%
25%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(11件)

不気味19.4%恐怖19.4%不思議12.9%切ない9.7%悲しい6.5%

  • 1048

    2.0

    地味な演出に途中飽きた

    ホラーと言うよりミステリーかな 怖くはない… 個人的には退屈極まりなかった。 駄作ではないが、もう一度見たくはないかな

  • kij********

    3.0

    話が繋がった時が

    前半というか、ほぼ終盤まで同じような2つの話が同時進行していくので、ダラダラした感じ。訳がわからなくて、段々飽きてくる。 だが、2つの話が1つに繋がったとたんに急展開。 なるほどそうかと納得できた。 お母さんが若い頃と年取った時のどちらも同じ人が演じているのが驚き。 それにしても、こういう映画って、どんなピンチになっても決して明かりをつけないのね。 それに明かりを消したら真っ暗なはずなのになぜか光があって見えている。不思議だなぁ。

  • tkh********

    2.0

    う~ん

    12歳の誕生日を迎えた少女が、偶然見つけた古い手紙から悪霊の恐怖に襲われるホラー・サスペンス作品。 2つのエピソードが交差しながら展開する心理サスペンスながら、 ややホラー要素を前面に出しすぎて逆になにがしたいのか分かりにくく、 オチに至ってもいまいちスッキリしない残念な作品でした。 俳優陣は素晴らしく、ストーリーもそれ程悪くないのに残念。 理不尽な展開など気にせずに、是非観て下さい。

  • sup********

    3.0

    怪物が求めたのはアヒル口

    前からチェックしてて、結局いつの間にかDVDが出てた本作。 序盤の演出はなかなか上手で、 また、のっぺらぼうも最初は不気味だったけれど、 実際に姿表してからがあまり怖くなく。 結果的に、ホラーっていうよりは、 ヒューマンドラマ色を強めたサスペンス映画だったわけだけれど、 面白かったかどうかは別にして、「なるほどね」というオチ。 なかなか手が込んだ演出を施し、出足は良かったものの、 逆にその演出がウザくなりかけ、ラストまでにはスピード感が落ちてしまったかも。 今と過去の映像が交互に映り、 展開が徐々に不明になっていくと、謎への好奇心よりも、 フラストレーションの方が高くなっていった。 結果的に見にくくなってしまったのかなと。 まぁただ、そんな飽きもせず、 それなりに楽しみながら。 女の子が極度のアヒル口で、 なかなかかわいい子でした。 怪物が最初に口狙ったのは、 アヒル口になりたかったからかもしれない。 つーか、外人もアヒル口ブームなんだろうか。 外人のアヒル口ってはじめて見たかもしんない。 所々、面白い映像があっただけに、 まぁチャレンジした結果だろうけど、 逆に見るのに難しい作りになってしまったのはもったいなかったかな。 まぁまぁ。

  • ZZZ

    4.0

    ホラーではないっす

    ホラーと銘打っているが、厳密にはホラーではない。ホラーっぽいミステリーと言った方があっていると思う(現に、監督自身もミステリーと言っているので)。 イギリスとスペインで”顔なし怪人”にまつわるある二組の家族の話が同時進行する。ここら辺はシーンが切り替えで表現しているので、一瞬戸惑う。但し、慣れるとそうでもなくなる。又、この構成の落ちも途中から分かる(少なくとも自分の予想した通りだった)。 一見、所謂都市伝説的な話(隙間男など)をモチーフにした様な物語に見える。個人的には都市伝説が好きなので好感が持てた(都市伝説と言っても自分が好きなのは古典的(?)な都市伝説。口裂け女、人面犬とか言った類。荒唐無稽と紙一重(?)の様なもの)。 これ以上はネタばれになってしまうので控えるが、落ちは”ああそうなんだ”という感じ。以外ではないが、自分としては意表を突かれた点もある。 ただ、削除シーンを観ると、当初は本当にホラーとして描くつもりだった様なにも思える。それが途中で気が変わったのではないだろうか。ホラーっぽいシーンはどこかで見たようなキャラが登場するものの、いい映像だった。 期待外れだっただけに、すっきりしないところはあるが、全体的にはまずまずの作品と思う。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
イントルーダーズ

原題
INTRUDERS

上映時間

製作国
アメリカ/イギリス/スペイン

製作年度

公開日
-