ここから本文です

バレエに生きる ~パリ・オペラ座のふたり~ (2011)

UNE VIE DE BALLETS

監督
マレーネ・イヨネスコ
  • みたいムービー 16
  • みたログ 17

3.50 / 評価:6件

解説

世界最高峰のバレエ団パリ・オペラ座の振付師として60年以上も活躍しているピエール・ラコットと、彼の妻で元エトワールのギレーヌ・テスマーの半生を追ったドキュメンタリー。バレエを愛し、バレエに人生をささげてきた夫妻の軌跡と踊ることへの情熱、そしてパリ・オペラ座の歩みを描き出す。ルドルフ・ヌレエフ、エリザベット・プラテル、マチュー・ガニオら作中に登場する名ダンサーの華麗な舞や、「ラ・シルフィード」「椿姫」など傑作バレエの映像に酔いしれる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

半世紀以上も振付師としてパリ・オペラ座を支え、ロマンティック・バレエの復活に尽力したピエール・ラコットと、パリ・オペラ座の元エトワールで引退後も後進の指導にあたるギレーヌ・テスマー夫妻。世界にその名をとどろかすバレエ団パリ・オペラ座と共に歩んできた二人の軌跡と踊ることへの情熱を、「ラ・シルフィード」「椿姫」など傑作バレエの貴重な映像を交えてつづる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ