ここから本文です

アニメ師・杉井ギサブロー (2012)

監督
石岡正人
  • みたいムービー 7
  • みたログ 6

3.00 / 評価:1件

解説

『銀河鉄道の夜』や『グスコーブドリの伝記』など良質な作品を世に送り出してきた杉井ギサブローの実像に迫るドキュメンタリー。日本を代表する名作に携わり、アニメーション作家として第一線で活躍してきた監督の生きざまをスクリーンに刻み付ける。『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』の石岡正人がメガホンを取り、杉井を知る人々の発言を収拾する。常に冒険者であり続けるアニメ界の名匠の貴重な言葉や人生観に学ぶことは多い。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

杉井ギサブローは幼いころ、自分はアニメーションの世界に入ると心に決め、東映動画を経て手塚治虫氏が中心となって創設された虫プロの立ち上げに参加する。そこで師である天才・手塚氏と共に仕事し、同プロ在籍中は日本が世界に誇る不朽の名作「鉄腕アトム」の原画を担当し、テレビアニメ「悟空の大冒険」の監督や「どろろ」の総監督を務めた。その後杉井は独立し、グループ・タックを設立する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ