2012年8月25日公開

山下達郎 シアター・ライヴ/PERFORMANCE 1984-2012

- 2012年8月25日公開
山下達郎 シアター・ライヴ/PERFORMANCE 1984-2012
4.5

/ 97

71%
16%
5%
3%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(31件)


  • UrbanDockGoer

    4.0

    響き渡る達郎の声

    山下達郎の歌を聴くと、脳裏に浮かぶ風景がある。 それは30年以上前の大学の製図室。 提出期限が迫る夏の朝、4時か5時かという時間なのに、共に夜を明かした何十人もの同級生。 そして、誰かがラジカセから大音量で山下達郎の歌を流した。 教室中に響き渡る達郎の声。 傍迷惑な大音量なのに誰も文句を言わない。 俺自身も徹夜で疲れ切っているはずなのに、朝の空気とその歌声でとてつもなく清々しい気分になった。 あの光景と気分が今も忘れられない。 今にして思えば1982年発売のベストアルバム「GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA」だったのかな? そして、この作品ではその頃の歌も含めて存分に達郎の声を聴かせてくれる。 先週観た竹内まりやのシアターライブでは、途中インタビューが何回か挟まれたので、同様の構成かと思いきや、こちらはひたすらライブ映像。 存分に聴かせてくれる。 達郎の天賦の歌声、いいですなあ。 俺の中の達郎の歌はほとんど聴けたと思うが、 唯一、「クリスマス・イヴ」を聞けなかったのは残念だった。 12月はツアーをしないシーズンだったのか?

  • byz********

    3.0

    期待してしまった。。。

    竹内まりやの映画が良すぎて、夫婦だし、尊敬しあってる仲だし、同じくらいの総合評価だったので、期待して観たんですが、のれる曲が何曲かあって楽しめましたが、そこまで感動しませんでした。 とても素敵な歌声で楽曲も良かったんですけど、期待してた曲が聴けなくて残念。。。

  • uso********

    4.0

    ファン垂涎の貴重映像

    最近、初めて彼のライブを見る機会があり、そのチケットがいかに手に入らないかを身をもって経験したばかり。実際にライブで体験したことは、かけがえのない自分の財産になった。この映画は、2012年頃のものらしいので、今から6、7年昔のもの。しかし、基本的に構成が変わってない。再上映しているのを、偶然知って慌てて映画館にかけつけた。それにしても、映画のチケットがソールドアウトって、しかも再上映で、ずいぶん昔のものなのに、どれだけ人気あるんだ? おそらくライブでのセトリは、sparkleで始まり、年ごとにカバー曲を変え、オンザストリートコーナーから、アカペラ曲、タイアップの最新曲、オーラスにRIDE ON TIMEからのアンコールみたいな流れが決まっているようだ。ステージ上での生声でしっかり最後列まで声が聞こえるので、彼が大会場を敢えてやらないのは、声が届くかという基準があるのだろう。 このフィルムライブは、やはり音に大きく不満を感じる。ライブではどこにいても音に包まれるのに、最後列で映画を見た自分は、その落差にかなり落胆した。どうせなら音の一番いい席で聞きたかった。それにしても、フェスに出演しても、その映像をwowowに放送させないほど徹底して映像を管理しているのに、実はこうやって収録されているのだな、と少し安心した。いつの日か、家でも彼の歌う姿を楽しめる日がやってくるのではないか。 バンドのメンバーには、村田和人、青山純、なんかも参加している。超貴重映像だ。 それにしても実際のライブでは、ずいぶんとおしゃべりも楽しめるのに、ほとんどカットされている。東北の震災についての自分のスタンスを宣言するところが、曲にのって収録されている程度だ。権利関係のハードルもあるのか、会場の様子もほとんど映らない。フェスで涙を流すファンの姿が印象的だが、もう少し会場のグルーブ感も映してほしかった。

  • Barca2009

    4.0

    ネタバレ貴重なライブ映像集(セトリあり)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • han********

    5.0

    ネタバレまた見れて感激

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hig********

    5.0

    全ての曲が宝石のよう! 至福の92分

    1曲目から「SPARKLE」「Loveland Island」とたたみかけてくるのに、誰も立たず手拍子もないのが超不思議。まあ映画なんだから当然でしょうが、皆我慢してる感アリアリで可笑しかった。 80年の「Ride on Time Concert」から全てのツアーを見てきたファンとしては、全ての曲が懐かしく宝石のようにキラキラと輝いて、至福の時を過ごした92分でした。

  • tos********

    4.0

    やっぱいいよ、でもね、、

    ほんとのライブに行かないと、山下達郎さんの凄さは、わからないと思います。このシアターライブを観た人が、ライブに行きたいと思ってくれたら嬉しいけど、、 ちなみに、竹内まりやさんのシアターライブの方が、映画的な完成度が高いので、比べて観るのがおすすめです。あるテレビ番組で竹内まりやさんが、自分と達郎の持っている音楽性は違うと言っていましたが、その辺が感じられると思います。

  • mao********

    5.0

    ネタバレこの映画が、全ての始まり

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hsr********

    5.0

    超ライトファン

    山下達郎さんの超ライトファンであるボクは、ライブにも行ったことがないので、達郎さんが歌っている姿を見たことがありませんでした。 そんな人、けっこう多いのではないでしょうか? テレビには出ませんし、ライブDVDも発売していないみたいですから。 そんな山下達郎さんのライブが、映画館で誰でも楽しめると聞きました。 昨日、観てまいりました! いやー、素晴らしい!! ちょっとボクのような超ライトファンが形容するのもおこがましいと思うくらい。 他に言い方がないのか?と叱られそうですが・・・歌、うまいですね・・・演奏バンドも もう、CDのまんま、というか、CD以上にパワフルで圧倒されます。 世の中に自称、アーティストとかボーカリストとかって人、たくさんいると思いますけど、これを観ちゃうと打ちのめされちゃうでしょうね。 プロと呼ばれるレベルが、このレベルにまでならないといけないのかと思うと・・・ ボクだったら、しばらく旅に出てしまうレベルですね(歌手ちゃうやろ) 本当にいいものは、自分で動かないと観ることは出来ないということを再認識しました。 なんだかんだ言って、達郎さんの歌、知らない人はいないと思いますけど、 パフォーマンスを観たっていう人は、ほんの一握りですよね。 国宝級ですよ、ほんとに・・・ これ以上ボクが何を言っても、言葉が上滑りするような気がしてなりません。 少しでも山下達郎さんに興味のある方。 観た方がいいです。貴重な機会です。 と言うかもう終わってましたネ・・・ この、映画館でライブを堪能するというシステム。 とてもいいですね。ストレスなく、存分に歌や演奏を楽しめます。 ライブ本番とまではいかないにしろ、大音量で楽しめますし。 むしろ明瞭に聴き取れますし。 これからの可能性を感じました。 DVD出ないかな~(泣)

  • mi_********

    4.0

    映画じゃないけど、すごく良かった!必見

    いやー映画館でライブ観るの、結構いいですね。 東京事変の解散ツアーの生中継もよかったんですけど。音響が良い映画館ならなおさらいい。 さて、話題の「山下達郎さんのシアターライブ」。気づいたときには終わっていて 観れないのかなぁ・・と思っていたら、再上映が決まったということで、行ってまいりました。 山下達郎さんといえば、曲は聴けども、CDやラジオを楽しみはすれども、 フェスなどで観てテンションあがれども、ライブには行った事なかったので これは何かの縁。行こう。そう思っていったのです。 いやーすごい!感動します。 ちょっと、ほかのレビュアーさんも言ってますけど、 あの、ほかに言い方ないの?って言われそうなんですけど、 歌。うまいんですよ。演奏も・・なんか・・達郎さんそのものがもう楽器っていうか 曲と一体となってるというか、とにかく圧倒されます。 こんな歌うまい!すごい!って思える人なかなかいないんじゃ・・そのレベル・・・ アレンジ、即興のすばらしさも言わずもがな、ほんとCDか!ってレベルの正確で美しい声・・・ もともとすっごい大ファン!!!!ってわけじゃないけど、観てよかったな。 やっぱり、本物、上質なもの、そういうものに触れられる機会というのは大切にしたい、そう再認識。 これからシアターライブ系、もっと流行ってくるような気がします。 乱発したら価値が薄れそうなのでそれはいやですけど やっぱすばらしい一流の人の演奏を堪能できる機会になるなら、やはり観たいと思います。 ☆ただ、これ、映画ではないですよね。 映画館でやってるけど。だから、映画レビューといっしょくたにされるのはちょっとどうなんだろ・・って思ったり。 たくさん増えてきたら別コーナーにするとか? 映画じゃないから・・ね・・・ 評価難しすぎて・・気分的には☆5なんですけど 映画レビューだし。。ややこしい。。

  • edo yabo

    5.0

    レビューは全員☆5つだと思う

    山下達郎のライヴが映画館で上映されると知ったのはつい最近。それも一週間の期間限定とのこと。達郎のライヴには随分行ってないなあと思いつつ、自宅で達郎のCDを探してみる。結構な枚数があり、自分の予想より達郎の音楽が好きだったのだと改めて思う。 シュガーベイブやナイアガラトライアングルのレコードだってあった。 だったら、行くしかないな。上映劇場を探してみる。 職場に近い新宿でやっていないだろうか? 新宿バルト9で上映中!よし、キネゾーで予約だ!うわっ!既にほぼ満席だ。即、予約。 仕事も早々に、ダッシュ、17時50分の回に滑り込み。 観客の年齢層は、当然高い。でも、瞳はキラキラの音楽少年少女だ。 SPARKLEで開幕、80年代の映像はちょっと懐かしい画質感、でも音は作りなおしたのでしょうね、いい感じです。 まさにポップミュージックの歴史が怒涛のように流れます。 80年代の名曲やシュガーベイブの曲、アカペラカバーなどを含み、厳選した選曲です。 達郎のコンサートは3時間は当たり前なので、90分程度のこのシアターライヴはやや短く感じますが、溢れるような音楽に、思いのほか充実感があります。 本人がかつて鉄のノドと言っていた歌声は健在で、いい声を聞かせてくれます。 シャープなカッティングのギターも久しぶりに聞きました。 ギターと言えばコロちゃん、音楽職人の達郎にはギター職人の佐橋がよく似合う。 その他、難波君とかもいてオールスターです。一部コーラスには竹内まりやもちらっといたりして。 2000年以降の映像は画質音質ともものすごくクリアで本当にシアター上映できて良かったと感じます。 MCはほとんどないのですが、「希望という名の光」では、東日本大震災を思いミュージシャンとしての想いを語ってくれます。僕も現地を訪れ、少しでもお役にたてればとささやかな活動をしていたので、ちょっと感じるところがありました。 でも、全体的にはポップな曲が多かったので、明るいステージのイメージが残ります。 アトムの子、RIDE ON TIME、恋のブギ・ウギ・トレインという連打でフィニッシュと思いきや、野外の「さよなら夏の日」で決めてくれます。 8月末に達郎からのプレゼント、なんて勝手に思っています。 帰り道、小さく口ずさむ“おーあいらんど、おーらぶらんど、あいらぶゆー、あいらぶゆー”まったく変なおじさんです。 そして、一日たった今日、“さっよならーなっつのひー”と歌っている自分がいます。

  • myn********

    5.0

    杞憂やった

    ファンやから、 「なかなかチケットが手に入らない山下達郎のライブが手軽に2500円で観られる」 って事で会社帰りに観に行った。 観てよかった。 素晴らしいライブだった。 ただ、これを映画評として投稿するのか~。 観に行く人はファンしかいないやろうから、Yahoo映画ユーザーレビューで、 「5点満点」 という、あり得ない点数を叩き出すのかと危惧したが、杞憂だった。 観にも行ってないアンチの人も投稿できるんやった。 1点とか採点する人もいて、まあそれで平準化されて良かった。 日本のユーザが採点して、今までの映画史上、最高得点が達郎では、やっぱりなんかおかしい。 ある意味、うまくできてるシステムやな。これは。 ぼくはもちろん5点。

  • jdj********

    2.0

    観ない方が平和だったかもぉ。。。

    ロマンチックなクリスマスソングを歌ってる人が どれだけカッコイイのかと思って観に行きました。 観ない方がいつまでもあの歌をロマンを持って聞けたかも。 あの、なんっつーか、あんな顔の人が歌ってたんだ、って。。。。 夢が壊れました。

  • とどブー

    5.0

    若い人たちにも観て欲しい

    昨年「Ray Of Hope」の発売記念イベントとして、シアターイベント「Joy1.5~THE MOVIE」が開催されました。運良く当選し鑑賞しましたが、イベントに来てらした山下氏曰く「観ているとニコリともせず黙々と演奏していましたね(笑)」と語っておられました。 そのためか、今回の「PERFORMANCE 1984-2012」は割と表情豊かな演奏シーンや語りの部分を多く取り入れていたように思えます。ちなみに「PERFORMANCE 1984-2012」では「Joy1.5~THE MOVIE」の別テイクのバージョンが入っていましたので、両方観れた僕は幸せ者なのかな?と感じています(「Joy1.5~THE MOVIE」での「アトムの子」は、本当に糞真面目なバージョンでしたが、結構楽しめました。個人的には凄く好きです)。 さて本編ですが、映像もさることながら、「音」が素晴らしい! 86年当時のVTRの音質をデジタル化し、現存する音質と同レベルの音を作りだす技術の素晴らしさと、演奏レベルの高さに感動!そして特筆すべきはタツローのボーカリストとしてのレベルの高さに感動! 若い時に妥協しない生き方をしていると、後世にも感動を与えることができるという見本でしょう。本当に素晴らしかった! 余韻に浸りながらエンドロールを観ていると「バックボーカル:竹内まりや」という箇所が。くっそー、見落としたよ。まりやさん出ていたのね…。 最後にほかの方の書かれているとおり、客席はご年配の方が多かったです。でも若いカップルもチラホラ。でもこういった良質の作品はもっと若い人たちに観て欲しい、とオジサンは思いました。

  • hxf********

    1.0

    たいしたことは無い。

    「クリスマスイヴ」だけで食ってる一発屋だろ? ダンディ坂野とかねずみ先輩と一緒に虫除けのCMにでも 出たほぅが良いんじゃないか?失笑ものの老人歌手の足掻きっぽい。w

  • hh_********

    1.0

    聞き苦しい声に吐きそう。。。

    山崎まさよし みたいに鼻に掛かった声が聞き苦しい。 歌もこれだけ下手糞でも有名人?意味不明な団塊世代の支持を受けて 小出しに芸を売って暮らしてる人?

  • jhf********

    2.0

    ファン向けPV。

    別に普遍的に受けてる歌手でもあるまいし、ファン向けのPVを 短期間だけ公開してファンが殺到、効率の良い儲け方見本。 ファン以外は金を捨てるつもりで観るべし。

  • jbj********

    1.0

    昭和の歌い方 ナツメロっすか?

    なんか、、親父がこういう歌が好きなんだよね。 平成生まれには耐えられない。昭和の歌手って こういう歌い方ですよね。松田聖子とかさ。 年寄りが懐古趣味で聞くナツメロか?

  • jet********

    5.0

    ☆ ファンなら必見です! ☆

    これは、ファンなら必見ですよ! プラチナ・チケットの達郎先生のライブは、そうそうチケット取れませんからね。 1986年頃のライブ映像から、最新のライブ映像までの、いいトコ取りの映画です!! 自分自身、映像として動いているヤマタツ氏の映像は初めてでした。 なんか、もう86年頃の映像は放送事故レベルです!! ヲタク危険な香りって風情で、正直キモ過ぎです。 あ~これは映像として観てはいけなかった‥ あくまでも音として聴くべきだったと、最初は後悔しました‥ もちろん演奏は最高ですよ。 言うまでもなく。 だけど、最近の映像になるとニット帽かぶっていてww それぐらいから、動くヤマタツ氏にも慣れてきて。 「ずっと一緒さ」では思わず泣けてしまいました。 もうバックの演奏も超一流、けっこう本人お茶目なんですね。 なぜ、小さいホールでしかライブしないのか、見ていてわかりました。 なんか、アットホームな感じで、空気感がたまらないんですよ。 ほとんど知っている曲ばかりでしたが、カバー2曲はいらなかったと思うんですが‥ それも1曲は竹内まりやの曲とはwww そこの選曲の部分の不満はありました。 「さよなら夏の日」の歌詞ってなんて切ないんでしょう!! またまた、泣けてしまいました‥ ラストのクレジット観ていたら、本当にバックも超一級じゃないですか! 大好きな村田和人氏が、バックコーラスww 楠瀬誠志郎氏まで!!! 2500円でしたが、音響も最高でしたし、劇場で是非観てください。

  • san********

    5.0

    貴重な映像ばかりでありがたいです。

    本編は、'84~直近のコンサートをほぼ時系列で展開されます。 プレミアムチケット化していて画像でしか見た事なく、動く山下達郎さんを観たい方は、是非! 「おぉ!動いている!!、歌ってる!!、喋ってる!!」という希少動物を観たような感動から歌唱力、演奏技術の高さ、山下達郎氏の一貫した音楽への拘りまでCDでは感じ取れなかった新しい発見が必ずあると思いますよ。 個人的には、今までCDを聴いて演奏風景を想像して「この頃のツアー行ってた方は、いいなぁ~」なんて羨ましく思っていた古いツアー(アルバム「JOY」に納められているツアー)映像は、垂涎ものでした。

1 ページ/2 ページ中