レビュー一覧に戻る
危険なメソッド
2012年10月27日公開

危険なメソッド

A DANGEROUS METHOD

PG12992012年10月27日公開

bom********

2.0

期待は大きかった、が・・・・

なんら盛り上がる事なく、淡々とジ・エンド。 こんな手ごたえのない作品であったとは・・・。 舞台劇の映画化だったと後に知り、さもありなんと 納得。 ヒステリー気味のユダヤ系ロシア婦人を演じた、 キーラ・ナイトレイの熱演、と云われているが、 それもほんの冒頭だけ。何をどう治療して、彼女 が快方に向かったのか、たいして描かれていない。 フロイトとユング、師匠と弟子の間の静かな葛藤が 垣間見えるが、本当に静かすぎて(笑)極めて希薄 な印象。 ユダヤ人というキー・ポイントが根底にあるようにも 感じられたが、これもさほど突っ込んで描いているわけ ではない。 行間を読む、という作業が必要な類の作品なのか? う~ん、そうとも言い切れない・・・ 感想:曖昧な印象しか残らない作品。 ポジティブな感想もなくはない。 マイケル・ファスベンダーの存在感。 黙って立っているだけでも、気品に満ちた静謐な佇まい を見せてくれる。彼がいるだけで、作品の上質感が上がる ように思える。 幾多の監督から、出演オファーが殺到している理由がわかる 気がした。

閲覧数723