ここから本文です

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (2012)

  • みたいムービー 502
  • みたログ 3,066

2.90 / 評価:3,575件

アムロからアキラになった???

  • yuw***** さん
  • 2019年8月30日 14時21分
  • 閲覧数 93
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

あんまり詳しくない私の印象。
点数は迷う。最終作まで見ないと何点つけたらいいか決められない。
ので、中間の3点。ちょうど現在の平均も2.9だし。

この映画はちゃんと映画館で見た。ちょっとした時間潰しだった。何でも良かったけど、他映画よりもこれを選んで見た。
感想は「う~~ん?」ってとこかな。続きを見ないとわからないって感じ。

その前にテレビで「破」と「序」をやってた。
「噂のエヴァを4時間で見れる!」という安易なノリで見た。

しかしその後ネットをチラ見したら衝撃の事実。なんと、テレビ版とは違うだと?
でも大体似た感じらしい気配も感じたし、今更テレビ版を全部さらう気になれなかった。
ただ、テレビ版のラスト2本だけ借りて見た。
私から見たら「混沌で終わってる」。ロボットアニメと思っていたが人間の内面に潜って終わってる。そんな印象。

そしたら「Q」に興味が湧いた。テレビ版とは違うラストに向かってるのかなと思って、興味本位で見てみた。

その後、テレビでテレビ版のほうも再放送されてたので見た。途中までしか見なかったけど。
テレビ版のほうは、登場人物一人一人に愛着が湧くような作りになってたと思う。

で、今思いついた「Q」の感想を。
主人公のシンジが「アムロ」から「アキラ」になったみたい。
この言い方が一番しっくりくる印象を受けた。

テレビ版のシンジは、初期の「ガンダム」のアムロ・レイみたいな印象。
成り行きでガンダムに乗る羽目になるところとか、最後までずっと迷い迷っているところとか。・・・って、私、ガンダムもちゃんと見たことない。だから漠然とした印象。

で、この「新」のほうの映画版は、特にこの「Q」のシンジは。
大友克洋の「AKIRA」のアキラみたいと思った。映画はよく知らない。私は漫画を読んだ。
「アキラ」ってタイトルなのに、アキラはずっと登場しない。なぜか。
うっかり東京を廃墟にしたもんだから、政府に慌てて封印みたいにされて閉じ込められたのだ。封印中だからしばらく登場しない。廃墟の東京をバイクで乗り回す金田少年が主役。

私はエヴァに思い入れなどもないので、あっさりざっくりした見方をしてる。
今は単純に「ラストはどう終わるのか」に興味を持ってる。

「Q」が、「感動のラスト」の前の混沌とした段階の話だったのか。
それとも、「脱・テレビ版」を宣言し、予想もつかないラストに向かうためのものだったのか。

なんと、来年、次が公開予定みたい。
私はテレビ放映を待つつもりなので・・・あと2年かな。
また映画館のある町で時間をつぶさなきゃならない羽目になったら見るかも。

我ながらなんとも熱さのないレビューで、監督には申し訳ないが。


(あ、追記)
私の熱い感想を書き忘れた。ざっくりとしか見てない上での感想だけど。

シンジはエヴァに乗らないほうが良かった。
父さんと袂を別って(距離を置いて)、自分の人生を自分で選んで歩むべきだった。
たとえ地球が滅んでも。あんな中途半端な心理状態の少年に地球の平和を背負わせるなんて酷すぎる。

・・・ストーリー全否定な感想かな、これ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ