ここから本文です

メリエスの素晴らしき映画魔術 (2011)

LE VOYAGE EXTRAORDINAIRE

監督
セルジュ・ブロンベルグ
エリック・ランジュ
  • みたいムービー 80
  • みたログ 132

3.57 / 評価:63件

メリエス

  • udooon_cinema さん
  • 2014年1月19日 23時19分
  • 閲覧数 341
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

商業映画黎明期の重要人物としてリュミエール兄弟はとても有名なのにそれに比べてメリエスの知名度は低いです。
でも、リュミエール兄弟はスジのないニュース映像的な作品だったわけだけですが、一方メリエスは現在の映画に直結するスジのある映画を量産したのでメリエスの方がリスペクトされてしかるべき。
この映画も、リュミエールから時代をすすめつつ、現在の監督(ジュネとかミシェル・ゴンドリーとか)のメリエスに対する尊敬のコメントをインサートする構成。そしてメリエス自身の人生の栄枯盛衰を教えてくれていました。

メリエスは、自身の会社が倒産を機にフィルムのほとんどを燃やしてしまったそうです。
「月世界旅行」もほとんど現存せず。せっかく見つけ出したフィルムも状態が悪く修復に20年かかったらしいです。
断捨離なんていうのがありますが、自分がその時重要に思ってなくても、後に貴重なものになったり後悔したりするので足の踏み場があるうちはできるだけ捨てない生活の方が美しいと思えました(肝心なのは捨てる時の決断でなく手に入れる時の決断)。

メリエスがやらなくても誰かがやってたことだとは思いますが開拓者はいつも偉大だなと思いました。
リアルタイムで開拓者を発見できる感性を磨いていきたいなと思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ