レビュー一覧に戻る
推理作家ポー 最期の5日間
2012年10月12日公開

推理作家ポー 最期の5日間

THE RAVEN

R15+1102012年10月12日公開

風よ吹け

3.0

ネタバレ結果的に犯罪は完遂

謎はあったけど解決はない、そんな話でした。ジョン・キューザックの魅力が不発に終わった、残念賞という感じでしょうか。「アイデンティティー」を見たばかりだったので、余計にその落差が激しかったです。 誘拐監禁ミステリーで、エドガー・アラン・ポーの作品に沿って犯人が手がかりを残していく、というのですが、そんなにポーの著作に詳しくない人にとっては、冒頭の数人の殺人以外はピンとこないものがつづき、単にポーと刑事が翻弄されている様だけを追っかける形になってしまったのは残念。 エミリーの側が少し逃亡の試みをするものの、大したことはなく、終始受け身で進むのも今どきのヒロインとしては物足りないですね。 ラストに刑事が犯人をつかまえるシーンだけおまけのようにありましたが、後の祭りというところ。ポーも犯人の言いなりに毒を飲んで死んでしまうし、なんのひねりもなかったのが信じがたいです。 エンドタイトルだけ、急に「ボーン・アイデンティティー」か「スパイダーマン」か、というグラフィックになったのもミスマッチ感が半端なかったです。 素材や時代設定、着眼点は面白かったのに、脚本の力不足ですね。 原題はThe Ravenということで、鴉。邦題は分かりやすいけど、ベタすぎませんかね。

閲覧数708