レビュー一覧に戻る
インキーパーズ

インキーパーズ

THE INNKEEPERS

102

ZZZ

3.0

現実にはこんなもんじゃないだろうか。。。

個人的には案外面白かった。 余り細かくは描かれていないが、昔々、結婚式当日に花嫁が自殺したらしいホテルが舞台。一週間後には廃業して、駐車場にしてしまうらしい。その為か、ホテルのオーナーは遊興中で不在。従業員(バイト?)の男女二人だけ。主人公はその内の女性従業員の方。 ホテルに宿泊しているのも、家庭に問題を抱えているらしい母子。気難しい女優で霊能力者(?)の女性くらい(この女性は観終わってから気が付いたが、ケリー・マクギリスさんだった。時というのは…)。 従業員の女性は”幽霊を見た”という話を信じ、バイトの傍ら、超常現象の調査を始める。。。 映画の前半はホラーというより、コメディーに近い。ふざけてるのだか、真面目なのか分からない従業員同士の掛け合い。そして、秀逸なのは主人公の女性従業員のリアクション。ちょっとした事で、大仰に驚き、コメディエンヌぶり(?)を発揮してくれる。ここら辺が、後半のシリアスな展開に生かされないのは残念。 終盤に行くに連れ、本格的な霊障が現れてくる。 ベタな展開と言えば、ベタな展開。ドッタンバッタンする様な激しいシーンはない。VFX、特殊撮影的なシーンも少ない。ホラー映画を観まくっている方々には非常につまらない映画だと思う。 更に、色々と訳の分からない事も多く、そのままモヤモヤっとしたまま終わってしまう。 しかしながら、現実に超常現象、幽霊騒ぎが発生したら、こんな感じじゃないかと思う。 現実の不可解な事件、事象は、通常のホラー映画の様に筋が通った展開にはならないだろうと思う。何せ、得体の知れないのだから。 こういう風に見ると、まあまあの映画ではないかと思う。 でも、同感して戴ける方は少ないだろう。

閲覧数902