ここから本文です

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-02 震える幽霊 (2012)

監督
白石晃士
  • みたいムービー 0
  • みたログ 43

3.55 / 評価:20件

「足音来ねぇのかぁー!?オイ!」BY 工藤

  • obi******** さん
  • 2014年10月18日 20時42分
  • 閲覧数 626
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズ!

第1弾『FILE-01 口裂け女捕獲作戦』に引き続き、『FILE-02 震える幽霊』を鑑賞。

今回送られてきた投稿映像はとある廃墟で撮影されたもの。
その映像には謎の人影が写りこんでいた。

今回もディレクター工藤の鶴の一声により、アシスタントの市川、カメラマン田代、投稿者とともに廃墟へ潜入することに。
物語の展開も間髪いれずに廃墟へ潜入。
今回は廃墟での撮影が中心かと思いきや、投稿者の一人「夕子」が謎の失踪を遂げるのを皮切りに物語は予想だにもしない方向へ!

前回のレビューはディレクター工藤の暴走ぶりだけが見所と言わんばかりの内容だったが、FILE-02を鑑賞して新たにわかったことが一つ。

調査の過程で少しずつ情報が明かされ核心に迫ってていくことにより物語にどんどん引き込まれていく、つまりはサスペンス要素があるということ。
フェイクドキュメンタリーとわかっていながらも、真相が気になってしまう。

ぶっちゃけて言うと、FILE-02のキーマンは失踪した夕子。
彼女の関係者から語られる証言は、驚きの内容ばかり。

ちょっとだけ例を挙げると、
一人目の証言者はデリヘルで夕子にお世話になったという男性。
デリヘルの顧客が顔モザ無しで堂々と証言(笑)
彼の度胸もさることながら、夕子がデリヘル嬢をしていたという事実にも驚き。

2人目の証言者からはさらなる驚きの事実が。
これは実際にお確かめください。

ただ一番の魅力は【工藤】で間違いないが。
今回は序盤の廃墟潜入から真骨頂が見られます。

投稿映像で足音が鳴り響いていた場所に着くなり、
「足音来ねぇのかー!?オイ!」
と、まさかの挑発行動。

挑発に乗ってこない幽霊に対し、
「チッ!つまんねぇ幽霊だな」
と捨て台詞。
完全に幽霊をナメきった態度は清々しいくらいだ(笑)
挙句の果てに、口裂け女捕獲作戦の際に入手した呪いのアイテムを興味本位で幽霊の出現場所に放り投げるという、なんかやってはいけないような事も平然とやってのける。

その呪いのアイテムもスーパーの買い物袋に雑に入れてあったり、雑に扱う割にはアイテムに触れる時、直に触るのが嫌なのかちゃんと軍手をはめたりと、
そういう細かい部分も個人的にツボ。

さらには、口答えする市川に対しローキックを入れたり、霊に憑りつかれた投稿者をぶん殴るなどバイオレンスさもパワーアップ。

で、前作同様ちょっとだけ明かされる工藤の生い立ち。
今回はほんと一瞬の台詞でしたがスゲー気になる。

そんな最強ディレクター工藤も、本作のラストでは不思議な力によって意識を失い入院するハメになる。
入院中につきエンディングには登場できなかったものの、市川によると見舞いに行った際に告げられた言葉は
「このシリーズまだまだ続けるぞ!」
という全く懲りていない、いや、意欲に満ちた発言。

金になる映像を撮るためにはなんでもやる男、工藤。
今後の活躍に期待します!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ