レビュー一覧に戻る
Playback
2012年11月10日公開

Playback

1132012年11月10日公開

puy********

5.0

いまこそ、こういう映画が必要だと思った

いまこそ、こういう映画が必要なんじゃないか。という直感。 直接的ではなく、でも「映画的」(なんて大げさかもしれないけど。。。)としか言えないやり方で震災の「その後」を扱う感じ。 ふと立ち止まって、まわりを見回して過去を見つめ返す。そのうえで、前に進むんだという、その感じ。 (どうやら)あまりお金をかけずとも、とても美しくて強い映画ができるんだ、というその感じ。 いままで知らなかったんだけど、35ミリプリントというのは、どうやらもうなくなっていくらしい(全部デジタル上映になるんだって)。 「Playback」は、デジタルで撮影して、あえて35ミリプリントにして上映しているとのこと。 モノクロというのもあって、なんだか現実と地続きのようでいて、どこか別空間にいるような、そんな感じがした。 僕はこの映画の世界が大好きだ。「大好きだ」というだけじゃ、足りない。 いまこの日本で、この時代に、この映画があることが、僕なりに必然的に思えたし、希望だと思えた。 この映画はロカルノ映画祭というところでコンペに選ばれたらしい。 調べてみるとすごい映画祭らしい。世界ではカンヌ、ベネチア、ベルリンの次に重要な映画祭だって!? そこに選ばれるなんて。。。なんでもっと大きく報道されないんだろう? しかも監督はまだ28歳か。すごいな。。。 はっきり言って、そんじょそこらの日本映画を軽く凌いでいると思う「Playback」。 「Playback」というのは、CDプレーヤーとかの「再生」のことだ。 頭のなかで何度も再生して、何度も映画館で見てみたい映画だ。 長く書いてしまってすいません。。。

閲覧数736