レビュー一覧に戻る
キル・ザ・ギャング 36回の爆破でも死ななかった男

fg9********

4.0

クリストファー・ウォーケンに拍手喝采

 …あらすじは、解説のとおり。  アイルランド系の実在の人物ダニー・グリーンが、労働組合の組合長にのし上がり、利権を奪おうとするマフィアへ徹底抗戦を挑んだ生涯が描かれている。  劇場未公開ということなので大した期待も抱かずに観たが、これは拾いものだった。  敵方の車に爆弾を仕掛けて爆破するシーンが、これでもか!これでもか!というくらいに続き迫力満点。  「36回の爆破でも死ななかった男」というサブタイトルがついていて、なるほどなぁ、と唸ってしまった。  また、クリストファー・ウォーケンが出演しているなんて全然知らなかったので、登場した時には拍手喝采ものだった。

閲覧数805