ここから本文です

キル・ザ・ギャング 36回の爆破でも死ななかった男 (2011)

KILL THE IRISHMAN

監督
ジョナサン・ヘンズリー
  • みたいムービー 7
  • みたログ 105

3.42 / 評価:57件

信念の男

  • ken***** さん
  • 2017年11月20日 23時10分
  • 閲覧数 398
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

題名からは想像できない内容で
少し意表を突かれた感があった作品である。
実際に存在したギャングというのか
究極の馬鹿者というか
ほんとに成り上がった人物の物語である。
ギャング相手に爆弾の仕掛け合いをするのは
いかれた主人公だが
見ていてその生きざまが爽快でなぜか嫌いになれないのは
この人間臭さが漂っているからなのか。
最後はやはり爆弾で殺されていまうのだが
めちゃくちゃだがやりたいことをやったというか
自分の信念に生きたという点では
うらやましくもある。
ただ、普通の生き方ではない。

面白くなかったらすぐ見るのをやめようと
思っていたのだが
何気なく最後まで見てしまった。
退屈な作品ではないということだ。
ゴッドファーザーやアウトレイジのような
過激なものではないが
実在したこの大バカ者を見るのも悪くない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ