バスルーム 裸の2日間
2.6

/ 58

5%
14%
36%
24%
21%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)


  • トマト

    2.0

    おじさんのヤりたい欲は世界不変

    人生経験を積んだおじさんが若い美女と屁理屈こねて何とかヤろうとする話。。。飲みながら見ると意外と笑えた。

  • taf********

    1.0

    若い娘とおっさん。

    ヨーロピアン、 そして、エスパニョール。 体感的に文化的な民族性がわからないので この状況や価値観とかがどこまでのリアリティがあるのかがわからん。 たぶん、常識的に考えてスペイン人も、こんなんスペイン人や思わんでくださいよ!私たちこんなん違いますからね!って言うかもしれません。 邦画でも、まぁ、日本人ってこんな感じだけど日本人はこう言うことかと言われれば違うってなりますしね。 ジェンダーレスとは言うけれど このシチュエーションが、 老婆と若い男だったら成立すんのかな?とか考えた場合 やっぱり、性別には意味や役割、価値観、概念があると思います。 この退屈で気怠い会話劇で 100分ほどの尺はギリですね。 ギリ、この映画の価値を保つ時間だと思います。 これで120分なんか撮りやがったらイカれてるし 60分未満だったらば、もはや観る価値そのものが崩壊したことでしょう。 ギリギリの最強の尺です。 ヨーロピアンっていうのは、 こう、ヌーディストビーチとかあったりするし おっぱいやちんちんを丸出しにすることに対して抵抗感や羞恥心みたいなものは日本人よりも遥かにイージーなんですかね? 日本人女性だったら全力で全身くまなく隠したがるでしょうね。 羞恥心だけではなく、自信の無さからもそうすると思います。わたしの裸なんて見せつけてごめんなさいと思う人もいるでしょう。 ちんちん見せつけるのに、こんなにも堂々としている日本人男性も不自然でしょうね。 ただ、こうして、 アメリカハリウッド以外の映画を見ることで 世界の価値観に触れるのはいいことです。 よく、これだから日本人は!とか言ってる人がいますが たぶん、適当な外国人像を頭に浮かべて空論を説いてると思います。 外国のことなんか1ミリも知らんでしょう?って思います。 バスルーム裸の2日目も見たことないのに、これだから日本人は!なんて言ってほしくないですよね。 そして、ドイツ人もベルギー人もフランス人も 大した違いがないと思ってますよね。 そりゃあヨーロピアンからしたら 日本人と中国人も同じに見えますよね。 あと、本作について 外国人の価値観のようなものが見れて勉強になります。フィクションでしょうけど、セリフから脚本家を通して、外国人はこういう考え方の人もいるのかーとかこういう価値観も妄想したり想像したりしてるんだなぁーって思いました。

  • yos********

    4.0

    ネタバレエロいだけではない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • なつ

    2.0

    Gyao

    ひねくれたジジイが若い子をうまく言いくるめて一緒にシャワーを浴びるまで持ち込んだことだけでも拍手やな しかしジジイが気持ち悪すぎて全くいいところが見出せなかった

  • tom********

    4.0

    マリア

    マリアのすべてを見られるだけで、充分価値のある映画。外人の女優では、今までで最高にきれいな子。何回でも見たい。

  • a10********

    3.0

    星4つに近いけど、、、

    最初はおっさんが若い女の子を どうその気にさせるか 全開で、、、 しかも閉鎖的なバスルームに裸で2人 食べられないよう頑張れと応援したくなりましたが 中間くらいから エロチック要素より 若い老い、男、女と考えさせられる 内容に。 最後の映画の話、最後まで聞きたいと 同時におっさんにも夢を、、、 的に好意に変わりました。 かなり昔、本屋さんで手に取った事のある 原作、こんな話だったんだ。 若い自分では惹かれるない内容。 今なら分かるな。

  • fg9********

    3.0

    外国のバスルームはトイレがあって良かった

     …あらすじは解説のとおりと書こうと思ったら空欄で、レビュー数も未だ3件のみだ。  よっぽど人目に付かない作品なのだろう。  1987年、マドリード(原題=Madrid, 1987)。  老ジャーナリストのミゲル(J・サクリスタン)は、女子学生アンヘラ(M・バルベルデ)から文章の書き方を教えてほしいと頼まれる。  ミゲルは彼女に魅了されつつ、落ち着いて話をしようと画家の友人に借りたアトリエに彼女を誘う。  最近の自分は仕事も人生も楽しんでいないと語るミゲルに対し、アンヘラは彼を励まそうとしてか裸になる。  やがて2人は一緒にバスルームへ入るが、ドアの鍵が壊れて出られなくなる。  全編のほとんどがバスルームで裸の密室劇だ。  で、このジイチャンが実にベラベラとよく喋って感心する。  ただヤリタイだけなのに、『若者は空を飛べると信じている。  実際に飛べる。  君とSEXすることで、私も跳びたいんだ!  若さを少しでも味わいたいんだ!』  だなんて、文学的な言葉を弄しての必死さはなかなか可笑しかった。  果たして、このエロジジイはヤレタのか?といったストーリー。  外国のバスルームって、トイレが備わっていて良かったね……で、一見の価値はあったかな。

  • kps********

    4.0

    人生 時を想う

    うんドキドキした。 主役の女優さんがベリーキュートで大満足でありましたが、情熱・気力を失ったであろう初老のミゲルから眺めるアンヘラは、生命の輝きそのもの。 美しさ・エロティシズムを超えた若さの輝きに只々見惚れてしまいました。 ということで、作中でプルーストなんかの話も出てきましたが、老いと若さ、希望(理想)と絶望(現実)の狭間で、失われた時・訪れるであろう時を主題として膨大な会話群を通して人生を考えるというような映画だったかと思います。 知的な感じの会話群なんだけど、主人公単なるやりたいだけの老害なところが面白くて、尊敬すべきジャーナリストとしての佇まいからこれが出てくるか?というユーモア溢れるコメディとしても機能していたかと思います。 若いことはそれだけで素晴らしいと誰かが言ってたんですが、歳を重ねてくるとだんだんその意味が分かってきますな。 希望・可能性に溢れた若者はそれだけで価値があるかと思われます。 そんな感じで、ラストのミゲルにはとてつもない哀切のようなもの感じてしまいましたが、同時にアンヘラ(若者)には、より良い人生を!とのエールのようなものを受け取れる良い映画だったのではないでしょうか。 文学談義みたいのも面白かったし、評点低いようですが個人的には満足であります。

  • いやよセブン

    3.0

    バスルームに閉じ込められるなんて

    主人公は初老のコラムニストで有名人だ。 女子大生から文章を見てほしいと頼まれるが、一目で気に入り、友人のアトリエに連れ込む。 バスルームに裸で二人入ったところ、ドアが開かなくなる。 二日間、裸の二人は人生論の議論を戦わせることに。 トイレがあってよかった。

  • kxd********

    2.0

    やたらセリフが多い退屈な作品

    印象に残っているのは、いちいち表現が文学的な『セックスをなかなか諦めないエロジジイ』とマリア・バルベルデの美しさとその小さい胸。 むしろ『映画』のシーンで話されるストーリーの方に惹かれたぐらい。 あの話で映画作れば良かったのに。

1 ページ/1 ページ中