ここから本文です

上映中

キャビン (2011)

THE CABIN IN THE WOODS

監督
ドリュー・ゴダード
  • みたいムービー 279
  • みたログ 2,377

3.29 / 評価:1660件

ホラー愛に満ちた実は奥の深い(?)パロディ

  • sak***** さん
  • 2020年5月27日 12時24分
  • 閲覧数 2193
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんじゃ?こりゃ!
観終わった直後の正直な感想です。

いやしかし、よくこんな映画を最後まで作り切りましたねぇ〜。

「どんでん返しがたくさんあるホラー物」
という風にミスリードされて観る人が多いと思うのですが、
これは「ホラー愛に満ちたパロディ物」だと思います。

乱暴にストーリー全体をまとめると
「世紀の儀式大失敗」という事ですよね。

儀式を仕事として行っている組織の方達は
世界を守るために編成されていると思うので
恐らく各国から費用が出されているんでしょうね。
日本にも支部があるようですし。

見方によっては
過去の全てのホラー映画内で起きた出来事は
全部この壮大な儀式の一部に過ぎない
という風に捉えることも出来ますね。

最後の「ホラーオールスター総出演」みたいな展開は
画面を止めて観て行くとより楽しいかも知れないです。

また別の見方によっては
最後に出てくる古代の神というのが
パターン化された刺激を求め続ける我々観客で
それに応えるために四苦八苦する映画制作陣
という事を皮肉った内容だとも思えます。

一度観ただけだと「超・B級の愛すべきハチャメチャ映画」
という印象だけで終わるかもしれないですが
そういう風にいろんな見方をすると実は奥が深く見えてくるので
そこが面白いと思います。

主役のクリステン・コノリーは作品内設定の割に撮影時にはすでに31歳だったようですがこの手の映画のヒロインとしてめっちゃいい感じを出してますし、
マイティソーのクリス・ヘムズワースも出ていてちょっと豪華感もあります。
そしてなんと言っても、
ラストにはSFホラーの金字塔作品でおなじみのまさかの「あの方」の出演があり、「全てのこの手の映画へのオマージュ」感が最高潮に高められます。


まあ、でも、ある意味とんでもない映画である事は間違いないですね。
これからもカルト的人気作として語り継がれて行くのではないでしょうか。
変な映画ですが楽しかったです!

あ、言っておきますがグロい描写はそれなりに出てきますので
それがダメな人は楽しめないと思います。
一応「ホラー」ジャンルですから。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ