レビュー一覧に戻る
キャビン
2013年3月9日公開

キャビン

THE CABIN IN THE WOODS

R15+952013年3月9日公開

Delta888

4.0

ネタバレ愉快なホラー映画

考える必要がなくて楽しく見られる映画がないかと探しており、過去の自分のメモからこの映画を視聴するに至りました。B級ホラー映画と舐めていたので、想像よりずっと面白かったです。 管理されていた怪物はどこから来たのか、殺すのにホラー映画風にする必要があるのか、なぜ五人の犠牲が必要なのか、そんな説明は一切されません。コンセプトが先行しているので、理屈付けが後回しになっています。この点が評価の分岐点となっているようですが、映画の方向性と目的がハッキリしているので私は最後まで楽しく見られました。 変な忠告をする老人、貞操観念が壊れたカップルや不合理な行動をするチーム、ホラー映画特有のツッコミどころのあるシーンが、外的要因によって操作されているというメタフィクションは、怖めのコメディ調でテンポ良く進むので楽しい。「頭が悪い金髪キャラクター」という定番が、ブリーチ剤に知能指数を下がる成分が含まれているからというのはあまりに痛烈。 監視側が伏線的に性格が悪く描かれていたからこそ、終盤の最悪なナイト・ミュージアムみたいなドタバタ虐殺劇は非常に痛快です。正直言って、このシーンだけで見た価値があり。 映画のオチの女性がひとり生き残るか、主要人物が全滅すること以外望まない「神」が存在しているという厳しい風刺。本題は横暴な視聴者によってテンプレに押し込まれるホラー映画の苦悩だったのでしょう。 軽い気持ちで見た映画だったのですが、良質なホラーとメタフィクションギャグを重ねてくる上、割と深いテーマを抱えていたので凄く楽しめました。

閲覧数2,260