レビュー一覧に戻る
キャビン
2013年3月9日公開

キャビン

THE CABIN IN THE WOODS

R15+952013年3月9日公開

kmu********

5.0

ネタバレホラー映画の皮を被ったコメデイ

5人の男女が人里離れた山小屋で馬鹿騒ぎしてたら恐ろしい怪物が現れて一人ずつ犠牲になっていく・・・。 まるで80年代のホラー映画のような設定を実は裏側で管理している人間がいて、その目的は古き神々を鎮めるための儀式であったと言う、普通に見ると少し捻った設定のホラー映画なのかな?と思う内容です。 作中に出てくる、下の奴等を楽しませてる、○っぱいを見せろ!連中は待ってるんだ、などのセリフから分かる通り、これは古き神々=ホラー映画を見てきた我々視聴者、それを鎮めるための儀式=これまで世に出てきたホラー映画作品を指すメタで、我々がこれまでに見てきた作品にも実は裏側でこういった組織がいたんだと言う設定を見せることで『アンタらホラー映画マニアを満足させるために俺ら制作陣は色々と苦労してんだぜ?』というメッセージがこめられた作品です。 作中の生贄は最低5人、ビッチなお色気担当キャラと粗暴な脳筋、冷静な頭脳派とただの愚者etcと個性豊かなキャラを登場させて大半は○せ!というホラーマニア達の無言の要求はクリアしつつ、処女の下りはエンディングは生還者がいるパターンと全滅パターンどっちでも良いよ!と言う風潮へのメタですね(暗に主人公は清廉潔白であるべきということへのメタでもありますが) 死ねべきはずのキャラ(本作では愚者)が生き残ると古き神々(視聴者)が怒って世界が滅ぶ(そのホラー映画は駄作と酷評される)とラストまで徹底的に視聴者に訴えてきます笑 この辺のことが理解できればニヤニヤとしながら見れる作品ですし、ある程度ホラー映画を見たことがある人なら、どこかで見たような山小屋や湖、地下室にあった物など数々の小ネタでもニヤニヤ出来る作品です。

閲覧数1,268