ここから本文です

よだかのほし (2012)

監督
斉藤玲子
  • みたいムービー 13
  • みたログ 23

2.25 / 評価:16件

言うほど悪くは無ないと思います

  • ac7******** さん
  • 2016年10月24日 0時01分
  • 閲覧数 400
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

タイトルと内容に惹かれて鑑賞しました。
ここのレビューでは酷評されている感じですが感想としてはそんなに悪くはないと思います。

配役ですが主演の含めた方々はあmり名前の知らなかった役者さんが多いですがどの方も自然体で演技しておりそれぞれの役どころに違和感はなかったです。
映像も現地の花巻のお祭りの映像も綺麗に撮られており映像に関してもどこか懐かしさを感じるような作りで良かったです。

ストーリーに関しては少し展開に無理があるような気がしますが主人公が前向きになれて最後の笛の演奏シーンは素敵な演出だと思いました。
ですが、後半の祭りのシーンで叔母の子どもを探すシーンで何故、突然主人公が泣き出したのか分からずここら辺のシーンは主人公と亡き父との思い出や約束を確かめる意味でももっと丁寧に作ってほしかったです。

それでも全体的には現代人が忘れてしまった人との温かさや絆や繋がりなどを上手く描いておりこう言う映画もあってはいいのではないこと思います。
タイトルのよだかのほしの意味もきちんと込められておりスタッフの皆さんは本当に花巻や宮沢賢治を大事にしているのだと思いました。
全ての人におすすめ出来る作品ではありませんが、自分の生き方に迷ってしまった時に一度、観て欲しい作品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ