2012年9月8日公開

ソルジャーズ・アイランド

SOLDIERS OF FORTUNE

942012年9月8日公開
ソルジャーズ・アイランド
2.7

/ 74

7%
12%
38%
30%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(15件)


  • トマト

    1.0

    チェンジで!

    戦友を救うため、軍を不名誉除隊されたクレイグ大尉は、生活費の為、戦争体験に出資した五人の富豪を護衛する事になる。革命軍に武器を輸送するだけの安全な任務のはずったが、作戦は失敗し、クレイグたちは島に漂着してしまう、果たして無事に帰ることはできるのか、という話。 土壇場で脚本をいじったのかな?ってくらい、むしろここ編集ミスかな?ってくらい話のつじつまが合わない。 革命軍の姉弟が金持ち風な雰囲気を出していたが、実は援助が必要な身。 疑似ならまだしも本物の戦場に金持ちが大金出して来るか? そんな一見の客を秘密の本部に案内するか? クレイグが「5人の中に密告者がいる」って言った意見を完全無視で革命軍全滅。 キャストもテーマも面白そうなのに、よくもまぁここまでコケたもんだ。 だが、一番の悲劇はヒロインがおばさんで全く可愛くないことだ。

  • fg9********

    3.0

    ネタバレB級路線だと呑み込んで観始めれば……

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sei********

    2.0

    これさ

    キャストはそれなりなのに映像がC級

  • よしちゃま

    4.0

    なかなか

    期待せずに見ましたが、なかなかテンポ良く出来てました。

  • rid********

    5.0

    ネタバレ☆5は豪華キャストに敬意を表して。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • drm********

    2.0

    弾が

    なんなんでしょう。実際にこの目と耳で感じたわけではありませんが、 弾が軽くて気になりました。 音や空気間が。 後、役者さんに魅力がないのもマイナスポイント。 女性陣、出る意味あったんですかね? 対決も何もかもが中途半端で。 大富豪だったらもっとど派手なことやって振り切ってもらいたかったです。 大富豪がテーマなのに予算使わず撮った作品ってちょっと無理ありましたね。 それらしく魅せることもやってなかったものですから。 そこの創意工夫が見られたらもう少し違った評価になったかもしれません。

  • www********

    2.0

    ネタバレソルジャーズ・アイランド

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rin********

    2.0

    ネタバレ半年ぶりのがっかり映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kt2********

    3.0

    スレイター主演と言えば、それはもう・・・

    設定の面白さには期待しつつも、主演がクリスチャン・スレイターですから、ある程度そっち方面(B級)の映画であることも覚悟の上での鑑賞となりましたが・・・はい、見事過ぎるぐらいそっち方面の映画でした。 でもまあこれはこれで見れなくもないレベルの映画だったと思いますし、地味に豪華な俳優陣のおかげでなんだかんだで結構楽しめましたから、とりあえず見て損と言うこともなかった映画ではありましたね。 まあ結局ストーリーに全く深みは無かったですから、B級映画らしく単純に勧善懲悪を楽しむに限る映画と言えるでしょう。 一応当初は設定の面白さに惹かれての鑑賞だったのですが、そこに関しては途中でもう完全に諦めましたよ(^^)/ 暇と金を持て余した富豪達が、道楽で参加した戦争アトラクションで本当の戦争に巻き込まれてしまう・・・と言ったストーリーに期待して見ようと思っている方は、基本ご都合主義のB級映画であることを分かった上で鑑賞することをおススメします。 そうじゃないとガッカリすると思うので・・・。 でもまあそんな富豪達を演じた役者陣が地味に豪華な面々だったので、ご都合主義のB級映画ではありましたが、好みの役者がいれば見てみればそれなりには楽しめちゃうと思いますよ。 私もショーン・ビーン、ジェームズ・クロムウェル、ヴィング・レイムス、ドミニク・モナハンが演じた富豪達(もう一人いましたが、よく知らない俳優でした)と、それをまとめるクリスチャン・スレイター隊長&フレディ・ロドリゲスの活躍を見れただけでも、まあ元は取れたなと思えましたし。 ただフレディ・ロドリゲスだけはちょっと可愛そうな扱いでしたけどね・・・最後、彼や彼の家族について、何も触れずに終わってしまっていいのでしょうか・・・。 まあそんなこんなで、基本的には突っ込みどころ満載です。 ただの富豪が、ほんのちょっと鍛えただけで普通に戦場で戦える訳もありませんしね。 でも、ヴィング・レイムスとかショーン・ビーンとか、強そうオーラが半端じゃなかったし、豪快に戦っている姿も違和感は全然なかったので、これはこれでいいのかな・・・と思えなくもなかったんですよね、これが。 それと、ジェームズ・クロムウェル爺ちゃんなんか、どう考えても戦えるはずがないのに、一番見せ場を作っておいしいところも持っていくのですから、これぞまさにB級映画ならではの旨みだったと言えるのではないでしょうか。 とは言え、前半は物凄くかったるかったです。 スレイターの人物背景や、富豪達を訓練する件で既に映画の半分を締めてましたから、いつになったら本題に入るのか・・・正直待ちくたびれてしまいましたよ。 でもまあそんな中でもスレイターの鬼教官振りには、何気に笑わせてもらいましたけどね。 よぼよぼクロムウェル爺ちゃんにそんなスパルタ教育を・・・足を骨折中のモナハンにそんなスパルタ教育を・・・それらの描写が、何気に結構ツボでした。 退屈な前半を凌げば、後半は低予算バレバレながら戦闘シーンも満載でしたし、友情あり、裏切りあり・・・人間模様も含めてそれなりには楽しめる内容だったかなと思いました。 敵の将軍やらCIAやら、悪役に関しての背景があまりに適当だったのは大いなる突っ込みどころですが、勧善懲悪を楽しめればそれで良しなB級映画だったと思うので、まあこれはこれで・・・ね。 ただヒロインがあまりにオバちゃん過ぎて目の保養にならなかった分、高評価には出来ません(^^; さすがにあれは酷い、と言うかドイヒー(一緒か) B級映画には綺麗なネエチャンが付き物なのに・・・。

  • シャオフー

    4.0

    ショーンの新作マダー?と思ってた方☆

    いや~やっとまともな出演作がきましたヨ! もうね、「エライ神様の内の一人」とか 「主人公の旦那/お父さん」とかそういうの飽きたよ!! そう思いつつも「白雪姫と鏡の女王」も必ず観に 行くんだけどね・・・(“国王”役w)。 本作はB級臭さ全開ですがほぼ全編出ずっぱりなので、 気になっていたショーン・ビーンファンはぜひ観てくださいね☆ 仲間を救うため命令を無視したことにより“不名誉除隊”と なったクレイグは、職もなく時間を持て余していた。 あるとき、彼の経歴と能力を買われ特殊な仕事に誘われる。 ―それは、財力を持て余した富豪たちのスリルを満たすために、 彼らを軍事任務に同行させ“戦争体験”をさせてやることだった。 「武装支配された島に潜むレジスタンスに安全なルートで 武器を届ける」だけだったはずが、思わぬ“裏切り者”により 本物の戦闘状態に巻き込まれてしまう・・・・・・ 元軍人のクレイグがクリスチャン・スレーターです。 いつのまにかナチュラルに髪が増えていました。彼も意外と まだ若いですし、結構体をはったアクションを見せてくれますが、 参加者5人の富豪たちのキャラクターが立っていたことが 面白さにつながっていました。 貴族の地位を持つやり手の投資家、残虐ゲームを大ヒットさせた クリエイター、携帯電話の創始者で結婚歴5回の老人、 どんな悪人とも等しく商売する武器商人。そして、ショーンは なぜか“女好きのロシア人でメタル王(←レアメタルのこと)” という、昔演じたキャラクターがいろいろ入っている人物ですな。 この5人が、場違いにほのぼのムードで軍事訓練に興じたり、 主役と同等に(?)銃をぶっ放して闘ったりするわけです。 特に最年長のジェームズ・クロムウェルが良かった。 70歳超なのにカウボーイ・ハットをかぶってノリノリに 演じています。この役者さんは「疲れるから、脚本が気に入った 映画しか出ないことにしている」と以前コメントしていたので、 こんなビミョーそうな映画に?と思ってたけど信じて正解でした。 でも正直脚本は大した出来ではありませんが、全然知らない監督 だったけど演出のテンポがよかったのではないでしょうか。 まだ東京で(しかも2館)しか上映されていませんが、 DVDで観たら「何これ、結構楽しめたじゃない!」という レベルには達しているので、アクション映画が好きな方、 そして、大事なことなのでもう一度言いますが(笑) ショーン・ビーンのミリタリーコスチュームと、相変わらず ニヤニヤしながら女にやさしいとことか楽しめますから、 無責任ですがオススメします。

  • oce********

    3.0

    過去の俳優軍団

    金持ち軍団に金を寄付してもらうために、安全な軍事体験を実行する島。 その金持ち軍団を守るリーダーのクレイグ。 だが安全のはずが、これが本物のミッションに切り替わってしまう。 話自体は完全にB級のそれだが、クリスチャン・スレイターはじめ過去の俳優軍団が勢ぞろいする違う意味でのエクスペンダブルズ(笑) チームにはショーン・ビーンやジェームズ・クロムウェル。 ヴィング・レイムスにドミニク・モナハンなど、通な人選が揃う。 90分にも満たないし予算の少ないアクションだが、上記の俳優陣が好きな人には楽しめるはず。

  • kuro_icf

    4.0

    意外と楽しめた

    近年、微妙な映画に出続けるクリスチャン・スレイター主演。 本作も、最初の戦場でのアクションシーンを観て不安になりましたが、中盤ぐらいからは中々楽しんで観る事が出来ました。 ストーリーは、栄華を極めて暇な大富豪達が資金を出資する代わりに、本当の戦場を遊び感覚で体験出来るプランに参加したが、安全が約束された筈の孤島へ行く途中、内通者による裏切りのせいで命の危機に。 最初は文句をたらたらと愚痴っていたわがままな金持ちたちも、孤島を武力で占拠する独裁者の実態を目の当たりにし奮起。 部下を一人も死なせたことが無い元特殊部隊兵を演じるクリスチャン・スレイターを中心に、ピンチを切り抜けていく。 このプランに参加する富豪たちがそれぞれ面白い。 美女同伴で参加したワイルドな色男にショーン・ビーン。 最高齢の参加者だが射的の腕はピカイチには「ベイブ」のパパこと、ジェームズ・クロムウェル。 自らを“死神”と言ってしまう武器商人には「ミッション・インポッシブル」の全作に出演しているヴィング・レイムス。 開発したFSPが爆発的ヒットし、自らもゲーム中毒の男にドミニク・モナハン。 んで、もう一人若い銀行家がいるんですが、この人だけは本作が初見でした。 調べてみたら「トワイライト・サーガ」に出演してるイギリスのイケメン俳優チャーリー・ビューリーと言う方みたいです。 この面々にそれぞれキャラがあり、最初はいがみ合いながらも共に訓練を積み、戦場を切り抜けていく内に不思議な絆が生まれ、連携を取って行きます。 それぞれ見せ場もあって面白かったですが、残念なのは登場する女性キャラが誰一人可愛くない。 プランの発案者である島出身の方は顔がETみたいだし、将軍の娘の悪女は見るからに頭悪そうで。。。 ショーン・ビーンが連れてた取り巻き女性と役を交代して欲しかったです。 こんな脇の方々の好演のおかげもあり、久しぶりにクリスチャン・スレイターの映画でまともに感じられ、最後の方はカッコ良かったです。 クリスチャン・スレイターの復活を願い、甘めの採点で。

  • dre********

    3.0

    ネタバレミニマムなエクスペンタブルズ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ZZZ

    3.0

    ネタバレ面白い事は面白いのだけれど。。。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ori********

    3.0

    ネタバレ設定はめちゃくちゃ強引

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中