レビュー一覧に戻る
ソルジャーズ・アイランド
2012年9月8日公開

ソルジャーズ・アイランド

SOLDIERS OF FORTUNE

942012年9月8日公開

kuro_icf

4.0

意外と楽しめた

近年、微妙な映画に出続けるクリスチャン・スレイター主演。 本作も、最初の戦場でのアクションシーンを観て不安になりましたが、中盤ぐらいからは中々楽しんで観る事が出来ました。 ストーリーは、栄華を極めて暇な大富豪達が資金を出資する代わりに、本当の戦場を遊び感覚で体験出来るプランに参加したが、安全が約束された筈の孤島へ行く途中、内通者による裏切りのせいで命の危機に。 最初は文句をたらたらと愚痴っていたわがままな金持ちたちも、孤島を武力で占拠する独裁者の実態を目の当たりにし奮起。 部下を一人も死なせたことが無い元特殊部隊兵を演じるクリスチャン・スレイターを中心に、ピンチを切り抜けていく。 このプランに参加する富豪たちがそれぞれ面白い。 美女同伴で参加したワイルドな色男にショーン・ビーン。 最高齢の参加者だが射的の腕はピカイチには「ベイブ」のパパこと、ジェームズ・クロムウェル。 自らを“死神”と言ってしまう武器商人には「ミッション・インポッシブル」の全作に出演しているヴィング・レイムス。 開発したFSPが爆発的ヒットし、自らもゲーム中毒の男にドミニク・モナハン。 んで、もう一人若い銀行家がいるんですが、この人だけは本作が初見でした。 調べてみたら「トワイライト・サーガ」に出演してるイギリスのイケメン俳優チャーリー・ビューリーと言う方みたいです。 この面々にそれぞれキャラがあり、最初はいがみ合いながらも共に訓練を積み、戦場を切り抜けていく内に不思議な絆が生まれ、連携を取って行きます。 それぞれ見せ場もあって面白かったですが、残念なのは登場する女性キャラが誰一人可愛くない。 プランの発案者である島出身の方は顔がETみたいだし、将軍の娘の悪女は見るからに頭悪そうで。。。 ショーン・ビーンが連れてた取り巻き女性と役を交代して欲しかったです。 こんな脇の方々の好演のおかげもあり、久しぶりにクリスチャン・スレイターの映画でまともに感じられ、最後の方はカッコ良かったです。 クリスチャン・スレイターの復活を願い、甘めの採点で。

閲覧数1,124