レビュー一覧に戻る
ソルジャーズ・アイランド
2012年9月8日公開

ソルジャーズ・アイランド

SOLDIERS OF FORTUNE

942012年9月8日公開

ZZZ

3.0

ネタバレ面白い事は面白いのだけれど。。。

何かバリバリの戦争映画を連想させるが、そんな映画ではない。 絶海の孤島が一つの国の様になっており、そこで軍事政権の様なものが樹立。絶大な(?)軍事力を背景とした独裁者(独裁一家?)が島を支配している。 それに島民は反発し、レジスタンス活動をしている。言わば内乱状態の極小国が舞台の様な話。 ただ、品質(画質など)としては、海外ドラマレベルなので、戦闘シーンなどは余り期待しない方が良い。 物語の前半は前振りの様な話。主人公の過去の出来事。前述の島の内情。主人公とどの様に関わってくるのか。そして、ある意味、この映画のメインともなる”富豪部隊”となる金持ちたち。 後半は寄せ集めの富豪部隊が頑張って敵に向かって行くという話。乗りとしては”特高野郎Aチーム”っぽいのり(だからと言って、何か特技がある訳では無いが…)。 観終わった感想としては、一応、面白かったという感じ。”一応”というのは、至るところの描写が半端な感じ、それなりに突っ込みどころがあるので。 物語としては基本筋は通ってはいる。色々な小さな事(?)にも決着はつけてる。 しかし、軽い。深刻な事が一言二言の台詞で終わらせてしまっているたり。その為、物語の重みに欠ける。 そして、いくつか突っ込みところ。 事前に特訓したとは言え、富豪部隊は普通の兵士と何ら変わりない強さ。レジスタンスの資金不足(?)が故の企画ツアーが富豪部隊なのだが、CMとか作ったり、豪勢な食事をしたり”本当にお金ないの?”という場面もある。 又、CIA。全編に渡りCIAが絡んでくるものの、理由がよく分からない。何らかの裏取引という体の様だが、ただの悪役になっている。因縁めいた関係もあるのだが、殆ど触れられず。組織的(対外的な)関係の説明がない。 アイデアとしては良い点がいくつも見られるが、もっとじっくり描くべき作品だと思う。テレビ・ドラマとして、人間関係や裏の世界やら、陰謀やらを細かく描いた方が良かったのでは。何かテレビ・ドラマのダイジェスト版の様な仕上がりになっている。 無理して、映画にする必要はなかったのではないかと思った。

閲覧数1,435