レビュー一覧に戻る
ソルジャーズ・アイランド
2012年9月8日公開

ソルジャーズ・アイランド

SOLDIERS OF FORTUNE

942012年9月8日公開

kt2********

3.0

スレイター主演と言えば、それはもう・・・

設定の面白さには期待しつつも、主演がクリスチャン・スレイターですから、ある程度そっち方面(B級)の映画であることも覚悟の上での鑑賞となりましたが・・・はい、見事過ぎるぐらいそっち方面の映画でした。 でもまあこれはこれで見れなくもないレベルの映画だったと思いますし、地味に豪華な俳優陣のおかげでなんだかんだで結構楽しめましたから、とりあえず見て損と言うこともなかった映画ではありましたね。 まあ結局ストーリーに全く深みは無かったですから、B級映画らしく単純に勧善懲悪を楽しむに限る映画と言えるでしょう。 一応当初は設定の面白さに惹かれての鑑賞だったのですが、そこに関しては途中でもう完全に諦めましたよ(^^)/ 暇と金を持て余した富豪達が、道楽で参加した戦争アトラクションで本当の戦争に巻き込まれてしまう・・・と言ったストーリーに期待して見ようと思っている方は、基本ご都合主義のB級映画であることを分かった上で鑑賞することをおススメします。 そうじゃないとガッカリすると思うので・・・。 でもまあそんな富豪達を演じた役者陣が地味に豪華な面々だったので、ご都合主義のB級映画ではありましたが、好みの役者がいれば見てみればそれなりには楽しめちゃうと思いますよ。 私もショーン・ビーン、ジェームズ・クロムウェル、ヴィング・レイムス、ドミニク・モナハンが演じた富豪達(もう一人いましたが、よく知らない俳優でした)と、それをまとめるクリスチャン・スレイター隊長&フレディ・ロドリゲスの活躍を見れただけでも、まあ元は取れたなと思えましたし。 ただフレディ・ロドリゲスだけはちょっと可愛そうな扱いでしたけどね・・・最後、彼や彼の家族について、何も触れずに終わってしまっていいのでしょうか・・・。 まあそんなこんなで、基本的には突っ込みどころ満載です。 ただの富豪が、ほんのちょっと鍛えただけで普通に戦場で戦える訳もありませんしね。 でも、ヴィング・レイムスとかショーン・ビーンとか、強そうオーラが半端じゃなかったし、豪快に戦っている姿も違和感は全然なかったので、これはこれでいいのかな・・・と思えなくもなかったんですよね、これが。 それと、ジェームズ・クロムウェル爺ちゃんなんか、どう考えても戦えるはずがないのに、一番見せ場を作っておいしいところも持っていくのですから、これぞまさにB級映画ならではの旨みだったと言えるのではないでしょうか。 とは言え、前半は物凄くかったるかったです。 スレイターの人物背景や、富豪達を訓練する件で既に映画の半分を締めてましたから、いつになったら本題に入るのか・・・正直待ちくたびれてしまいましたよ。 でもまあそんな中でもスレイターの鬼教官振りには、何気に笑わせてもらいましたけどね。 よぼよぼクロムウェル爺ちゃんにそんなスパルタ教育を・・・足を骨折中のモナハンにそんなスパルタ教育を・・・それらの描写が、何気に結構ツボでした。 退屈な前半を凌げば、後半は低予算バレバレながら戦闘シーンも満載でしたし、友情あり、裏切りあり・・・人間模様も含めてそれなりには楽しめる内容だったかなと思いました。 敵の将軍やらCIAやら、悪役に関しての背景があまりに適当だったのは大いなる突っ込みどころですが、勧善懲悪を楽しめればそれで良しなB級映画だったと思うので、まあこれはこれで・・・ね。 ただヒロインがあまりにオバちゃん過ぎて目の保養にならなかった分、高評価には出来ません(^^; さすがにあれは酷い、と言うかドイヒー(一緒か) B級映画には綺麗なネエチャンが付き物なのに・・・。

閲覧数2,636