ここから本文です

ザ・インシデント (2011)

THE INCIDENT/ASYLUM BLACKOUT

監督
アレクサンドル・クールテ
  • みたいムービー 7
  • みたログ 136

2.75 / 評価:89件

サイコスリラーとして良く出来ているが…

  • レンオウパパ さん
  • 2019年8月13日 9時50分
  • 閲覧数 330
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

精神病患者収容施設で起こる一夜の暴動に巻き込まれるバイトのコックさん達の恐怖を描いた作品ですが、まず倫理的にどうこうは置いておいて(この手の作品でそこをどうこう言い出すと映画自体の話が出来ないので…)単純にサイコスリラーとしては良く出来ていると思います。

ゾンビと違ってきっちり意思や思考というものは持ちつつも、話は全く通じないという相手というのが非常に恐ろしい。


グロ描写もなかなかに過激で「絶対イヤ」なシーンの連続。
この辺りも観客を震え上がらせるための表現が上手い。


ただ、ストーリーのほうはラストにどんでん返し的なオチがつくのですがこれが曲者。

ただの夢オチでは終わらないようなそれらしき伏線は多いが、かといってどういう風に解釈しても辻褄が合わない…。

主人公ジョージは最初から狂っていたのか?
それとも途中で狂ってしまったのか?
どこまでが現実でどこからが妄想?
ジョージの彼女は実在するのか?
最初から実はジョージも患者?
ジョージ=グリーン??

以下ヒントになるであろう気になったシーンを挙げてみます。

・序盤の主人公が指を切るシーンとラストのグリーンの指食いの対比、グリーンの死体の奇妙に曲がった指
・ラストの妄想の指切り
・主人公がブチまける謎の肉片
・ラスト助けに来たコックが救急隊員のジョージに対する「あなたがジョージ?」の問いに対して「ノー」と答える
・電話のシーンで相手の声が全く聞こえない。また電話に触るのはジョージのみ。
・ラストの彼女の不自然なセリフとカメラワーク
・犯された女性の監視員を見て異常に動揺するジョージ
・ガラス越しに重なるジョージとグリーン


どのようにも解釈出来るし、逆にどのように解釈しても辻褄が合わない部分が出てくる…
観客に解釈を委ねると言えば聞こえは良いですが、どうにもピースの提示の仕方が下手に感じてしまいました。


そこまで深く考えずに単純にサイコスリラーとして楽しめば良いのかもしれませんが、どうにも気になるシーンが多すぎるんですよね…。


というわけでサイコスリラーとしては楽しめましたが、ストーリーの納得の出来る答えを誰か下さい!と言いたくなるモヤモヤが残ってしまいました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ