2012年9月29日公開

劇場版 ミューズの鏡 マイプリティドール

592012年9月29日公開
劇場版 ミューズの鏡 マイプリティドール
2.5

/ 42

21%
12%
12%
7%
48%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

実家が貧しく、中華料理店でアルバイトをしながら食いつないでいるマキ(指原莉乃)の幼い頃からの夢は、女優になることだった。ある日、彼女は出前に行った劇場で人気女優のうらら(平野綾)を見掛け、久々に胸が熱くなるのを抑え切れなくなる。マキは思い切ってうららが所属する劇団ミューズを訪ねると、演出家の沖田(池田成志)と出会い……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(17件)

笑える28.6%コミカル26.2%楽しい19.0%かわいい16.7%不思議4.8%

  • pi_********

    1.0

    これはひどい

    映画にする必要なし。 ドラマで完結すれば面白かったで終われたのに。

  • aka********

    3.0

    ネタバレ「大映ドラマ」を知らないと難しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gag********

    3.0

    元?AKB48の指原莉乃主演映画

    ドラマ版は未見でしたがストーリー問題なく観れました。 指原莉乃の顔芸やプロデューサーの声芸がなかなか面白い。 よく外国映画を日本語吹き替え版で鑑賞されている方ならわかると思いますが、レオナルド・ディカプリオやヘイデン・クリステンセンなどの吹き替えを担当したりしている声優の浪川大輔が出演していたので、その人のセリフのシーンがやけに気になってしまって観ている自分がいたという…(笑) 顔も整っていてなかなかの男前。 プロデューサー役の人も良い声してたので恐らくプロの声優さんなのかもしれない。

  • kt2********

    3.0

    さしこな映画

    深夜放送されたテレビ版のことは全く知らなかったので、何の先入観もなくこの映画を鑑賞しましたが、何と言いますか・・・とにかくいろいろな意味で凄いと思わされる映画ではありましたね。 まあ主演の指原莉乃に興味がない方がこの映画を鑑賞することはまず無いとは思いますが、間違って普通の映画ファンがこの映画を真剣に鑑賞してしまったら・・・ドエライ地雷を踏んでしまったと後悔すること間違いなしの映画でしょうな。 そのぐらい、まともでは無かったですから・・・。 言ってみれば、深夜ドラマを見ていた人か指原に興味がある人以外にとっては、正直見る価値なしの映画だったと思います。 良くも悪くも、指原の魅力のみを追求したアイドル映画でしたからね。 しかし、指原ファンにとってはこれ以上ない映画だったとも言えるでしょうね。 変顔満載で内容はほぼコント、でも最後はやっぱりトップアイドルなんだと思わされるような内容になっていましたから。 指原以外でこの内容だったなら、おそらく劇場で公開されることはまず無かった映画でしょう。 でも、指原だからこそこの内容なんですよね。 指原のキャラを存分に生かし、指原の魅力を余すことなく詰め込んで作り上げた福田雄一監督・・・ある意味お見事!の一言です。 特にめちゃくちゃ可愛い訳でもないのに人気があるのは、この映画を見ていたら何か妙に納得しちゃいましたね。 演技なんかド下手の一言なのに、それを生かしたくなる、いじりたくなる愛すべきキャラクター・・・それが指原莉乃と言う存在なんだなと・・・。 悔しいかな、序盤の中華料理店での一コマから既に、笑いに関してのみですが思わずツボに嵌ってしまいました。 ストーリーは陳腐過ぎて正直頭に入ってこなかったですが、最後まで終始笑いどころだけは悪く無かったなと思いましたよ。 指原以外の人がやっても笑えないけど、指原だからこそ笑える・・・その微妙な線が、実に見事でした。 まあ指原だけでなく、池田成志が演じた竹中直人風の演出家と、平野綾の壊れた演技も何気に面白かったですけどね。 返す返すも真面目に考えたら本当にひど過ぎる内容の映画だったとは思いますが、くだらな過ぎるけど癖になりそうなこの面白さ・・・たまにはこんな映画も悪くはないかな・・・。

  • gri********

    1.0

    時間の無駄

    つまらない 時間の無駄でした

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


指原莉乃向田マキ
池田成志沖田竜
平野綾彩吹うらら
水沢奈子美川麗子
荒井萌姫川あやの
上田眞央川島ともか
陽月華マキの母/向田由美子
浪川大輔君島清二郎

基本情報


タイトル
劇場版 ミューズの鏡 マイプリティドール

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日