ここから本文です

劇場版 ミューズの鏡 マイプリティドール (2012)

監督
福田雄一
  • みたいムービー 13
  • みたログ 39

2.63 / 評価:38件

気軽に笑えるが実は深い映画です

  • rinostalgia さん
  • 2012年10月6日 6時28分
  • 閲覧数 353
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

各所に散りばめられた笑いのツボに嵌ってしまい見逃してしまうポイントが多いので2回、3回と見てもいいだろう。
70年代80年代のアニメやドラマなどのオマージュと言う名のパクリがふんだんに使われており、それを見つけるのも楽しみの一つに。
短くとにかく面白いのですっと入ってすっと見てすっと笑って楽しい気持ちで帰れる映画。
一人で悲しく落ち込んだ時に見て笑って気分転換するもよし、何人かで見て見終わったあとに面白かった所を話し合ってさらに盛り上がるもよし。1時間ってイイね!

そしてそんな面白く楽しい映画だけど、日常生活の本質を突いた部分も…
人間誰しもが日常生活において様々な人間関係の中で仮面をつけて行動している。
そしてそのうち主人公マキのように本当に悲しいのかそれとも悲しい演技をしているのか分からなくなってしまうことがあるかもしれない。
マキはそんなウソで固められた生活は嫌と自由を求めて逃げ出した。
彼女には唯一本当の自分になれる場所があった。それがアイドル歌手指原莉乃。
アイドル歌手として観客の前で歌っているときは自由に自分の思うように好きなようにいられる。最後のシーンにはそんな意味があったのかと…

映画を見たあなたには自由を求めて逃げられる場所はありますか。
なければまたこの映画をみて笑いましょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ