レビュー一覧に戻る
ATM
2012年10月20日公開

ATM

ATM

902012年10月20日公開

sak********

1.0

ネタバレ1アイディアで作ってしまったが故の破綻。

見終わって良い所はあったよ。 殺人鬼の先手を打つ策略(椅子の死体、宙のワイヤー) 凍える氷点下での、ATMという密室…。 犯人が立ってた理由として、実はカメラに映らないようにしてた…! という演出。 ここら辺は評価しよう。 だが、それ以外があまりにもご都合すぎる。 もし携帯電話を主人公たちが持っていたら? もしライターを持っていて、速攻非常ベルを鳴らしてたら? それだけで、犯人の計画が破綻する。 他にも言いだしたらキリがない。 そうなると犯人もバカに見えるし、それに翻弄される主人公は もっと馬鹿に見える。 それを別にしても、 主人公がライターを見つけ、防災ベルに火をつけるシーン。 見てる皆がイライラしながら 「なんで肩車しないんだ……!?」と、思っただろう。 本人たちがパニックだったかもしれないが、 映画において、見てて楽しいパニック以外は全て意味なし。 あのシーンだけでも5分はカットできる。 そんな場面も数多く、企画だけで作ってしまった感がある。 *{ただ自分がこのパッケージを手に取り、   家で見てる時点で企画としては成功しているかも。} まぁダメな点はほぼ、ATMという ワンアイディアだけで勝負してしまったが故の粗なのだろう。 同系統で「フォーンブース」という2002年の 映画があるが、アレを見習ってほしいものだ。 *{ちなみにそちらは、電話ボックス内が題材。}

閲覧数1,300