2012年11月10日公開

映画と恋とウディ・アレン

WOODY ALLEN: A DOCUMENTARY

1132012年11月10日公開
映画と恋とウディ・アレン
3.3

/ 123

15%
30%
34%
12%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

毎年およそ1本という驚異的なペースで映画を作り続けてきたウディ・アレン監督。幼少期から青年時代、そして監督デビューを果たしてからの軌跡を、不朽の名作『アニー・ホール』や『ミッドナイト・イン・パリ』などの撮影エピソードを交えてたどる。また彼自身や、ペネロペ・クルス、ショーン・ペン、ナオミ・ワッツなど各作品のキャスト、関係者らの言葉を織り交ぜ、その創作過程を解き明かす。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(16件)

楽しい22.5%知的20.0%かっこいい10.0%笑える10.0%コミカル10.0%

  • qaz********

    4.0

    知られざるアレンの人生

    先週の木曜、GEO国立店で文化の日のイベントとして100円均一でレンタルされたので興味があったのでレンタルしました。 中身はなかなか見所満載です。 特にアレンが新聞を読まないという証言は私もそうなので妙にシンパシーを感じました。 本作を切っ掛けにアレンにハマり映画を見出しました。 見ても損はありませんよ!

  • ☆希望の星☆

    3.0

    資料的価値…天才アレンの記録

    幼いころの写真 コメディアン時代の映像など 珍しいものを見ることが出来る映画 ウディ・アレン入門というよりかなり見てアレンのルーツを 知りたいくらいの人に資料としても価値がある アレンは才能が溢れる人というより天才と確信した 持って生まれた才能  ほとばしる言葉 女優を見出す感性 もちろん男優を選ぶ目は確か 才能に惚れるいうか好きになるのもわかる 再婚したというミア・ファローの養女だった女性の 満面の幸せそうな笑顔はたぶんアレンが入れた映像 これが語る今のアレン 80代

  • スーザン

    4.0

    やっぱり枯れたウディ・アレンがいいねえ。

    ウディ・アレン作品を好きになってきたのはここ数年。 昔は “一風変わってオシャレ” 的なイメージが鼻について、あまり好きではなかった。 ところが、時代のせいか、はたまた歳をくったせいか、最近はウディ・アレンがハマる。 まあ、ここのところ彼の映画も以前と違う枯れた魅力のある作品が多くなったのだが。 老いてなお・・・、ではなく、老いてから面白くなった。 長年第一線でこれだけ撮っていれば、駄作も良作も、いろんな作風もあるだろうが・・・。 本作は、彼の子供時代、売れっ子コメディアン時代、そして映画監督、役者、とひょうひょうと(そう見えるのだが)生きてきた様を描いたドキュメンタリー。 ウディ・アレンに関するお勉強として興味津々で観られる映画である。

  • はちみつロケット

    5.0

    ウッディ・アレンの成長物語で楽しめる

    「映画会社が口をはさんでくる、 完全に映画を監督できないならやらない。 つまり一切口をださせない」 サラリーマンと同じ様な戦いが映画の世界でもあるのだね。 ダイアン・キートンのウッディ・アレンへの想いがおもいのほか 普通の人と同じで共感。 「魅力的と思われたくて頑張ったり」とか・・・。 あんなに綺麗で有名な女優さんも恋すると同じなのね・・・。 自分をネタに出来る人なんだなあ。 人が恋におち、破れ、歩く。。。そこに人共感をするんだ。 恋におち、破れ、歩いているのは私だけじゃないんだなあ。 得意分野でばかり勝負せず挑戦し続けているんだなあ。 だからここまでになったんだ。 初期から作品見直したいな。 ただ、思ったのは、 ちかづいてくる魅力的な女優と付き合っては作品にださせて 女優のよさをひきだす・・・。 そんなん女優だったらちかづくよね・・・。 どこの世界もコレがあるのよねえ・・・。

  • a_h********

    5.0

    ウディアレンに興味をもちはじめたひとに

    ウディアレンの作品を年代順にざっと網羅して、どのような経緯でどのように彼の作品が変わっていったのか、最新作のミッドナイトインパリまで、なんとなーく知ることができる。 過去作品の出演俳優やプロデューサー、本人のインタビューが豊富にあり、現場の雰囲気や創作秘話なども知ることができる。 堅実なつくりだし、ウディアレン初心者の自分には、みる価値のあるドキュメンタリーだった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
映画と恋とウディ・アレン

原題
WOODY ALLEN: A DOCUMENTARY

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日