ここから本文です

映画と恋とウディ・アレン (2011)

WOODY ALLEN: A DOCUMENTARY

監督
ロバート・B・ウィード
  • みたいムービー 98
  • みたログ 215

3.32 / 評価:117件

ウッディ・アレンの成長物語で楽しめる

  • ece******** さん
  • 2014年10月6日 22時58分
  • 閲覧数 533
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

「映画会社が口をはさんでくる、
完全に映画を監督できないならやらない。
つまり一切口をださせない」
サラリーマンと同じ様な戦いが映画の世界でもあるのだね。

ダイアン・キートンのウッディ・アレンへの想いがおもいのほか
普通の人と同じで共感。
「魅力的と思われたくて頑張ったり」とか・・・。
あんなに綺麗で有名な女優さんも恋すると同じなのね・・・。

自分をネタに出来る人なんだなあ。

人が恋におち、破れ、歩く。。。そこに人共感をするんだ。
恋におち、破れ、歩いているのは私だけじゃないんだなあ。

得意分野でばかり勝負せず挑戦し続けているんだなあ。
だからここまでになったんだ。

初期から作品見直したいな。

ただ、思ったのは、
ちかづいてくる魅力的な女優と付き合っては作品にださせて
女優のよさをひきだす・・・。
そんなん女優だったらちかづくよね・・・。
どこの世界もコレがあるのよねえ・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • スペクタクル
  • 不思議
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ