ここから本文です

映画と恋とウディ・アレン (2011)

WOODY ALLEN: A DOCUMENTARY

監督
ロバート・B・ウィード
  • みたいムービー 97
  • みたログ 214

3.32 / 評価:116件

やっぱり枯れたウディ・アレンがいいねえ。

  • スーザン さん
  • 2014年11月7日 12時10分
  • 閲覧数 566
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ウディ・アレン作品を好きになってきたのはここ数年。
昔は “一風変わってオシャレ” 的なイメージが鼻について、あまり好きではなかった。
ところが、時代のせいか、はたまた歳をくったせいか、最近はウディ・アレンがハマる。
まあ、ここのところ彼の映画も以前と違う枯れた魅力のある作品が多くなったのだが。
老いてなお・・・、ではなく、老いてから面白くなった。

長年第一線でこれだけ撮っていれば、駄作も良作も、いろんな作風もあるだろうが・・・。

本作は、彼の子供時代、売れっ子コメディアン時代、そして映画監督、役者、とひょうひょうと(そう見えるのだが)生きてきた様を描いたドキュメンタリー。
ウディ・アレンに関するお勉強として興味津々で観られる映画である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ