ここから本文です

DRAGON BALL Z 神と神 (2013)

監督
細田雅弘
  • みたいムービー 110
  • みたログ 2,042

3.02 / 評価:1859件

破壊神登場。

「蝶の羽ばたきで嵐が起きるなら
 プリン1個で地球が滅んでもおかしくない」

ストーリー、キャラデザインに鳥山明が関わったこと、
今の日本の技術なら十二分にドラゴンボールの戦闘シーンを
表現できること、
TV版みたく尺をとるための無意味な間や展開は作られないこと、

リアルタイムで楽しんでいたドラゴンボール世代としては
やっと安心して観られる作品が出来上がったなという感じでした。

悟空たちの戦闘力がハイパーインフレしているので
神様くらいしか相手がいない状況。
そのなかで破壊神という存在を出したのはナイスアイデア。

各所におなじみのネタが放り込まれており、
懐かしさを感じると共に世界観が変わっていないことに感動。

ベジータが完全にいじられキャラになっており
真面目なセリフでも笑ってしまう存在になってしまったけど
ちゃんと見せ場があったから良かった。
その代わりピッコロさんの活躍が少なく、
サイヤ人主体の展開になっていたのが残念。

5人の気持ちを1つにするとゴッドになれるという
コンバトラーV的なからくりにはちょっと じぇじぇ('jj')/
だったけど、最後の戦いが盛り上がったので良しとしよう。

実写版より文句無しに面白いです!
2013/3/30

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ