2012年12月1日公開

ボス その男シヴァージ

SIVAJI/SIVAJI: THE BOSS

1852012年12月1日公開
ボス その男シヴァージ
3.6

/ 35

20%
43%
20%
14%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

アメリカでのビジネスに成功し、インドへと戻ってきた実業家シヴァージ(ラジニカーント)。親せきのおじさん(ヴィヴェク)と共に、彼はビジネスで得た大金を使い、故郷で貧困にあえぐ人々のための無料病院や学校を建てようとする。だが、医療ビジネスを牛耳る悪徳企業家アーディセーシャン(スマン)が、シヴァージに計画をストップするよう迫る。それを頑として聞き入れないシヴァージにしびれを切らした彼は、病院建設を中止に追い込む裏工作を開始し……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(18件)

楽しい17.2%笑える15.5%コミカル10.3%かっこいい8.6%ゴージャス8.6%

  • 00

    1.0

    ネタバレロボットファンには陳腐で散漫なストーリー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • つとみ

    4.0

    本物のスーパースター

    ヤバイ…タイトルにしようと思っていた決めセリフを下の人が使ってる。 そりゃまぁCOOL!って言いたくなるよね。 ストーリーは少し臭いくらいにベタでシンプルだけど、時間が長い作品なので分かりやすいくらいで丁度いい。 アクションシーンがなかなか迫力あって、歌とダンスと共に見所だろうけど、何よりもこの作品の魅力はシヴァージのカッコよさだろう。 すっかりオッサンになったスーパースターラジニー演じるシヴァージがとにかくCOOL! 他のインド映画のレビューでも書いていることだが、もっとインド映画が日本で観られるようになればいいのにと願う。 マサラムービーは慣れると癖になる面白さがある。

  • gag********

    4.0

    COOL!

    185分はさすがに少し長く感じたものの、ミュージカル、アクション、コメディとインド映画ならではのマサラ(ごちゃまぜ)ムービーを楽しめました。 ラジニカーント扮するがシヴァージがメイクで色白にしたり(色白になるまでの過程やら)、やたらとカッコつける仕草など可笑しかった。 スキンヘッドのインパクトある風貌なんかは、なかなか似合っていたなあ(笑) 今作のテーマも良かったし、ヒロインも可愛いかった。

  • abu********

    4.0

    1秒先も予測できない

    一言で言えば、「1秒先でさえも予測出来ない映画」 そうです、あまりにもフリーダムすぎるのです。 ストーリーはいたってシンプルで、アメリカで成功し インドに戻ってきた実業家が病院や学校を建てようとするも 悪徳企業家にはめられて身ぐるみはがされてしまう。 そして復讐して夢の実現に奔走する、というものなんですが、 それだけで3時間はもたせられない。なので、 本筋と関係ないところで歌や踊り、インドジョークが 繰り広げられるんですが、これがすこぶる面白い! なんたって「ロボット」の監督ですから、ミュージカルの 完成度の高さは文句無しなんです。エンドレスに ず~っと見ていたいぐらい楽しい。 風景やセット、衣装にメイク、音楽にダンス、そして カット割りやカメラの動きなど、そのどれもが 「インド映画」らしさに溢れている。やりたい放題の 映像をずっと見ていると、なぜか元気が湧いてくるから 不思議(笑)。これぞ、インド映画の魅力といったところか。 悪徳企業家は文字通り嫌な奴なので、形勢逆転の時は カタルシス味わえるのだけど、後半のシヴァージは それこそ悪人顔負けの暴力し放題で、そんなんで いいんかい!と思わず突っ込んでしまう。でもおかまいなし。 終盤のカーアクションなんて、「んなバカな!」の連続。 でもやっぱりおかまいなし。フリーダム。変に マトリックス意識したアクションもあるけど、 これはこれで完成度高いよ。おっちゃん、COOL。

  • ibu********

    4.0

    ロボットほどじゃないけど、これも面白い!

    ロボットがスゴくおもしろかったし、この映画も話題になってたんで見て見た。 冒頭は、けっこうゆっくりした展開で、結構マジメに進む。 ただ、展開や、やたら「クール!」って口走る設定がすごく個性的。この個性がインド映画なんだろうね。 そして、インド映画特有(?)のみんなで踊って歌うシーンが登場! 今回は、派手でゴージャスな場所で大人数で踊りまくる妄想シーン。 すごく雰囲気はいいんだけど、これの1回1回が長すぎて1時間経つ頃には飽きが来ちゃう。 しかし、シヴァージが復讐のために大胆な行動を開始するところから、展開がガラッと変わってめまぐるしくなり俄然おもしろくなる! 主人公シヴァージは、基本的に真面目な慈善家って設定なんだけど、そっからは非合法な手段を、一部は巧妙な手口で隠し、一部は半ば公然と行って復讐をどんどん進めていく。 ここらへんが実に痛快!この映画の面白さは、ほとんど後半に集中しているといっても言い過ぎじゃないだろう。 それにしても、シヴァージ強すぎ! こんだけ強いと白けちゃうもんだけど、基本がコミカルな映画なんで、なんか応援しちゃう(笑) 後半は、その強さがさらに際立って、もう、独り舞台的な大活躍。 そして、終わりがスカッとしてて実にいい! ただ、ロボットにはちょっと負けるかな? もちろん、この映画もすごくおもしろいんだけど、ロボットはさらにおもしろかったからね。 あと、ロボットのアイシュワリヤー・ラーイ同様、この映画のヒロインのシュリヤー・サランも実に美しくてプロポーション抜群!ファンになっちゃいました! インド人って、白人と同じコーカソイドだから、やっぱりスタイル面じゃ日本人は敵わないね~。 ただ、主役のラジニカーントはインドのスーパースターってことなんだけど、ロボットんときも思ったけど、どこらへんがどうスーパースターなのか全然分からない。 見た目はただのオッサンだし、顔も特に二枚目じゃないし、踊りもアクションも今一つ。歌だけは、この映画の中で歌ってるのが本人だとしたらなかなかだけど、あまりにも声が違うので吹き替えくさい。 独特の雰囲気とコメディセンスは認めるので、「人気俳優」というのなら納得もするけど、「スーパースター」ってのはどうにも違和感がある。 もしかしたら、「スーパースター」ってのはあだ名?(笑)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ボス その男シヴァージ

原題
SIVAJI/SIVAJI: THE BOSS

上映時間

製作国
インド

製作年度

公開日

ジャンル