ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

悪の教典 -序章- (2012)

監督
野本史生
  • みたいムービー 15
  • みたログ 340

3.39 / 評価:109件

なかなか上質のサイコ・ホラー

  • cyborg_she_loves_me さん
  • 2019年2月5日 17時27分
  • 閲覧数 175
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 「映画を見るつもりの人はまずこれ見といてね」、という意図で作られたドラマなので、これ単独で見たのでは(つまり、この蓮実(伊藤英明さん)がこのあと何をやらかすかをまったく知らないのでは)、この物語の本当の怖さはわかりません。
 ですが、仮にこれだけを見て、このあと映画を見なかったとしても、これはこれで、まずまず上質のホラーに仕上がってると私は思います。

 というか、映画の方を見て完全に幻滅した私なんぞとしては、むしろ、「これだけで終わらしといてくれた方がよかったかも」とか、思ったりします。

 というのは、サイコ・ホラーという意図とは裏腹に、最後はただのハチャメチャ殺人劇に終わっている映画とはちがって、ここでは正真正銘の「サイコ」な恐怖感の演出に、集中しているからです。

 カウンセラーの水落先生(中越典子さん)という、こっちが共感するべき人物を、明確に設定したことが、映画版にはなかった成功のポイントですね。彼女と同一化しながら見てると、ほんとにゾッとする瞬間が何度もある。

 とはいえ、ここでも話の筋が通ってないところはいくつもあるんですが、まあ細かいことをネチネチいうのはやめておきましょう。
 どうせ映画の付属品だから、と軽く見て、これまで見ないでいた皆さんは、是非一見してみることをお勧めします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ