2013年2月2日公開

R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私

R15+1062013年2月2日公開
R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私
3.4

/ 59

17%
32%
32%
12%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(18件)


  • haf********

    4.0

    平田薫が体を張って好演。津田寛治も攻める

    予備知識はほとんどなく、主人公の平田薫が自縛するぐらいの知識しかありません。ただ、良い印象を持っている女優さんなので期待を込めて鑑賞。しかし、映画の冒頭「吉本興業」の文字。正直、不安がよぎります…。 最初からシャワーシーンと軽い縛りで魅せてきますが、ピース綾部の演技がピンときません。コントのようなお笑いのような感じの演技でなんかリアリティを欠くような気がしました。芸人でなく普通の役者をキャスティングしたほうがよかったのではないでしょうか。 冒頭が喜劇チックであったが中盤以降は甘さもあるが持ち直した感じがする。自縛という秘密、窮屈・我慢からの解放、自我の目覚め。平田薫が体を張って好演。同士の存在もあってか「秘密」「見つかるかもしれないスリル」という媚薬も相まって徐々にエスカレートしていく様はなかなかリアルに感じた。また、彼女が涙するシーンがいくつかある。御休みをいただいての自縛の後、終盤のホテルでの自爆。彼女は何に涙したか。思いを馳せるととても興味深い。後悔の涙か、破滅への甘美な涙か、それとも嬉々とした喜びか…。 キャストでは平田薫と津田寛治。平田薫は前述のとおり、津田寛治は井口昇作品の常連で変わった役に免疫はあるとは思うが、本作も攻めている。役者としてのファイティングスピリッツに素直に敬意を表したい。 タイトルからなかなか鑑賞に勇気もいるかもしれないが、思ったよりも楽しめました。私にその嗜好はないが、可愛い女性が縛られている様はなかなかに美しいものです。素直に評価して星4つとします。

  • nan********

    4.0

    ネタバレ軽いタッチだけど、現実は…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • すけきよ

    4.0

    爽やかな自縛

    縛りものと聞くと、陰鬱で退廃的なイメージを持ちます。 ところがこの映画では、特殊なものではなく非常に日常的な性癖の一つとして描かれています。不気味なのは常務のプレイくらいかな。さらに健康的(ランニングのシーンなど)でもあるかのようなシーンもあり、「なんや僕も縛ろうかなぁ」と思わず それは思いません(笑) 「健康的で生き生きしたお縛り生活で、君もストレスを解消しよう!」て言っていますよこれは。 実際にやるかどうかは別にして、なかなか面白い「自爆」の取り扱いをした作品でスッキリと見ることができました。 あと、脇役の方々のミニ(笑)ネタをすらっと織り込んでいるのは竹中監督らしくて面白く感じました。 センター前ヒットです。

  • yad********

    4.0

    際立つセンスの良さ

    竹中直人の監督作品を劇場で見るのは久しぶりですが、そのセンスの良さにあらためて感服。かなり下世話な話であるにもかかわらず、全体にスッキリしたオシャレな感じの作品に仕上がっています。 登場人物の行動自体は私の価値観とは異なるのですが、プレッシャーを受ける(感じる)ことで、より自分自身を狭いところに追い込んで動けなくしてしまう方向に行くことを選ぶ人は確かにいるのでしょう。

  • tsu********

    2.0

    特異なものを伝える工夫が不足し中途半端

    この自縄自縛癖が代表する妙な性癖について、そんなことは気にすることなく笑い飛ばしてしまおうということなのでしょうか。 特異な性癖はストレス解消にもなる人に秘めた楽しみでありながらも、一方でどこか見せびらかしたいようなところもあるのでしょうね。 バレルと下手すると何もかも失うことになるかもしれないと分かっていながら、バレル・バレナイのスリルもたまらないというか、おそらくそんな感じなんだろうなとは想像できます。 ただそれに共感しろといわれても、なかなか難しい。 だったら、徹底的にそんな性癖を笑ってしまうか、さもなければ哀れんで同情するか、そんな方向に持って行ってくれれば、それはそれでわかりやすかったのですが、あまりにも特異過ぎて、感覚的に描きたいことを掴みづらかったです。 さらにオフィスの描写があまりにもチープ。 予算の関係なのか、仕事の風景にしても、会話にしても、およそリアリティがありません。 こんな奴らもいないし、こんなオフィスもないでしょう。 隠されたプライベートの時間がテーマである以上、もっと公私のシーンのメリハリも欲しかったですね。 全体的にすべてが中途半端で残念でした。

  • ymo********

    1.0

    営業に屈した駄作

    「女による女のためのR-18文学賞」の大賞と言う聞いたこともない文学賞を受賞した作品を映画化したものですが原作は未読な上にこの文学賞の目指すものもよくわからないのですが、好きな竹中直人さんが監督ということもあり鑑賞しましたが期待には応えてもらえませんでした。 ”ありとあらゆる性癖を持った人がいる” ”ある秘密の快楽にとりつかれてしまった一人である” ”それもある日突然に” 物語は、学生時代に自縛の魅力に取りつかれてしまった百合亜(平田薫)は、そのことが恋人に知られてしまったことから別れることになります。 ”以来彼女が自縛することはなかった” 大学を卒業して広告代理店に就職することになり平穏無事に過ごしてきましたが、主任に昇進して二人の個性的な部下と新プロジェクトに取り組むうちに不安とストレスから再び自縛を始めてしまうことになるのです。しかし、その行為は次第にエスカレーターすることになり・・・・。 とにかく、やたらと説明的です。登場人物にしても一々竹中さんのナレーションと絵で説明が入りますがあまり必要がないどころか不要でなおかつテンポやリズムが悪くなるだけです。これ以外にも登場人物たちのセリフも説明的で口にする必要もないことを親切にしゃべります。もちろん、SМや自縛の世界には解説が必要かもしれませんが・・・。 また、出演者もペニオク芸人を含めて多用される芸人の配役にはうんざりします。製作会社等の大人の事情なのかはわかりませんが、これが竹中監督の望んだ配役なのでしょうか。稚拙で雑な演技を笑えるほどの度量はありません。 そして、この個性的な出演者が曲者です。主人公の特殊な性癖が際立ちません。特殊さというのは周りとの変化の差異によるのですから周囲の人々が特殊ならばそれに同化してしまいたいして特殊にはなりません。 しかし、最大の問題は自縛のシーンです。 シャワーシーンやベットシーンはあるのに自縛では服を着たプレイのみで裸での縛りはありません。描かれるのは服を着た自縛のみでそれも逆光や部分的な撮り方などとにかくぼやかします。もちろん服を着た自縛もありでしょうが、せっかく自分で苦労して縄を鞣したのですから直接に縄の感覚を味わいたくなるものではないでしょうか。プレイがエスカレートすればおのずと過激になるのは道理であり肉体を縛りあげるような禁慰な行為であれば当然裸に直接縄で縛りあげたくなるでしょう。また、感じ方は人それぞれでしょうが、そこにはある種の美しさもあり、それにより特殊性だけではないものも浮かび上がるような気がします。ベットシーンにおいても上半身のみが映し出されて相手の男性は全く映らないのも不自然の極みまです。 つまり、エロもエロスもなく、またそれに伴うリビドーですら感じられません。 特殊な性癖を持つ女性を取り扱いながら非常に淡泊なのです。自縛の描き方が曖昧なために自縛にはまる人々の葛藤も中途半端にしか伝わりません。自縄自縛のブログがその手がかりになるかと思いきや単なるメールのやり取りのきっかけに使われたのみであまり活用されていません。Rー18にしたくなかったためでしょうが、「R-18文学賞」の大賞受賞を謳いながらRー18を避けてどうしようというのでしょうか。 本筋以外の細部もつまらない笑いはあるのにつくりが雑です。 通販で買ったAVやアダルトグッツの梱包が厳重なのは常識ですが、主人公の買ったロープや手錠などのSМグッツの梱包の緩さや登場するカフェや居酒屋の店員が料理を運んできて料理の目の前で大声で***でございますなどということはあり得ません。唾が飛びますし、こんなことはバイトの初日に教えられことです。 アダルトグッツにしても、飲食店の店員にしても小ばかにしているようにしか感じられません。 ”助けて、死んじゃう” 自縛がばれた常務が首にロープをかけて引っ張ってくれと頼みながも結局は死ねないのも自縛が単なる性的な趣味嗜好だけではない助けを求める心の叫びなのでしょすが、そのことも中途半端なコミカルさのなかでうちけされてしまいます。 「営業に屈した駄作」 一言でいえばこれに尽きます。特定の芸人を使うのもRー18を避けるのもよくある話です。もちろん監督の苦悩もあるでしょうが竹中さんが好きなだけに残念です。

  • shi********

    1.0

    自冗自爆。貧弱な演出力に辟易する駄作。

    自分で自分を縛り、一人悦に浸る。 要するに一人SM。 もちろんMの要素が強い。 ふとしたことからその世界に踏み込んだ女性のお話。 奥の深いところがあるかと思ったが、これが全然。 久しぶりに苦痛に思えるほど呆れ果てる駄作。 最後まで観ている自分はMなのか? R18文学賞ということだが作品はR15。 主演の平田薫は頑張っているが、たいしてエロくはない。 脱ぎ損一歩手前といった感じ。 津田寛治も存在感を見せているが、何せ演出が酷い。 平田・津田の2人は変で仕方ないだろうが、その他の人物までみんな変。 クネクネ・ネチネチした人物ばかり。 実力派・安藤政信まで駄演を見せてしまうのだから、監督・竹中直人の罪は重い。 あまりに酷くくだらないシーンがあると、思わず顔をしかめてしまうが、何度しかめたことか。 全編くだらないオフザケが散りばめられたユルいノリで、笑えればまだいいが、笑えたところは一つもない。 主人公が自縄自縛を始めたきっかけや、一度はやめたその趣味に再び手を出すきっかけもあまりピンと来ない。 罵詈雑言ママから挫折した兄姉の代用品的いらぬ期待を受け抑圧されている、ということなのだろうが、真剣に描くつもりはないようなので、考える気にもなれない。 おおっぴろげにできない秘め事を描いた点では「私の奴隷になりなさい」「ふがいない僕は空を見た」と同じ流れに位置する作品と言えるが、人間ドラマとして仕上がったそれらに対して、本作は非常に貧弱。 ユルユルな雰囲気な撮影したんだろうなぁ、と思えるほどで、当然見応えなんぞカケラもない。 自己満足と冗談混じりにテキトーに作って自爆って感じ。 主役の平田薫も頑張りはわかるが、同時にかわいそうになってしまうほどの駄作。 久々に躊躇なしの★1つ。

  • 5.0

    秘密はバラしたいものなの?

    母親からの過度の期待に応えられず、中の中に育った彼女。部下と上司の板挟みに耐え切れず、封印していた趣味を再会したけれど。。。。 かなりコメディタッチだから(吉本です)、なんだかファンタジー(?)にも見えました。親や上司や彼氏がまるでリアルじゃなかったから、イヤとかキツイとか思わずに済みました。ここんとこもっとマヂに作られていたら、イタくて無理だったかもしれませんね。。 予想(期待?)に反して、エロさは無し。全く無い訳じゃないけど、、、メインはこの趣味がどうの、、ってモンじゃないって事でした。 誰かに見てもらいたい。大事だと思われたい。それはホントに分かる。自分の存在価値って、時々ゼロじゃないかって思うこともあるからね。でも、この趣味がバレてもいいっていうのは、、、、分からないわ。。 ☆平田薫・・・確かに普通の女の子に見えますね。大抜擢なのかな?なんだ服の上からか~と落胆した方もいるのでは?大丈夫、見えてます。でも、エロくはないぞ。。淡々と、、、よくできました。。 ☆津田寛治・・・なんでもこなしますね。凄いわ。。表では○○裏では△△って役=似合いますね(ホメテマス)。。 他にも濃ーい出演者がうじゃうじゃ。だからこそ、主人公のあっさり感がイイ感じです。。でも、どうして自分でヤルの? 最後はいらなかったね。彼女の趣味を嘲り笑っていた奴らがなんで?元々お仲間だったんだよ~ってコト?(メ・ん・)?出世した彼女にあやかりたいってコトかなぁ。。今、分かったかも。。 PCって便利だな~とか、なんでも買えるんだな~とか、縛りってアートだな~とか、新しい発見もいっぱい。でも、自分は絶対(!)そうじゃないとか、考えても分からないとか、全く同意は出来ないとかもいっぱいありました。広くお薦めはできないけど、まぁ見て良かったな。。。

  • dem********

    4.0

    ヘンテコだけど素敵☆

    通常他人には知られたくない秘密とか自分の恥ずかしい部分を敢えて愛でてあげようという気に少しなりました。 この作品は題材をそのままストレートに利用していないところがイイ! 全体的にはクスクス笑えるのに胸がズキズキと痛むかんじの映画でした。 なので、エロいのを期待する人にはちょっと期待はずれ、逆に興味はあるんだけどちょっとって観るのを迷ってる人にはおすすめ(^-^) あとは安藤政信ファンの人にもおすすめします☆ 泥酔姿や平田薫ちゃんとのキスシーンが見れます!浮き世離れしたイメージの彼が珍しく普通の男の役をやっていて、あぁこの人も普通の人間なんだ・・・ってリアルというか軽くショックを受けましたけどね(笑) 大人になると漠然とした不安とか孤独を皆どう処理していいか分からないものなんだと思います。 すべてを見られて白日の下に晒されたいと思った主人公の気持ちにすごく共感できました。 個人的には女性もしくは女性的な感性の男性に観に行ってもらいたいな(^-^)

  • abu********

    3.0

    津田さんの怪演

    いや~、数年前まで、清純派で売っていた 平田薫ちゃんを見ている自分としては、 彼女がまさか映画でヘアヌード披露することに なるとは想像もしていませんでしたね~。 これはまた一つの女優魂というやつでしょうか。 そして、津田寛治の怪演もさすがだなと感じさせます。 細かく見てると、苦しんでる様子とか、 だんだんと汗ばむ顔とか、すごいよく演技してるんですよね。 役者さんだな~と実感。 ただですね、映画として面白かったかと言われると、 なんとも言えません。こういう自縛という性癖は 自分にはないので、彼らがこのプレイを始めるに至った 経緯を見ていても、どうもよくわからない。 まぁ、こればっかりはしょうがないかな。 とりあえず2人の演技に3つ星つけときます。

  • ham********

    3.0

    エンタメとしては悪くないけど

    私は先に蛭田亜紗子氏の原作を読んでから映画を観ました。原作の方は短編連作で、このセルフボンテージ以外にも、関係した相手のゴムに入った精液を冷凍して集める女、関係した女を細かく採点してノーツに記録する男、ラバースーツを着用することで快感を得る人など、いろんな性癖を持った人の行動や思いが6つの章にわたって、ときに淡々と、ときに熱く語られていきます。 竹中直人監督でよしもとクリエイティブエージェンシー製作での映画化。大筋では原作の「自縄自縛の私」の章のストーリーに沿っています。しかし、原作のすべての話に通じるエッセンスを感じさせるのを意図しているかのように、他の章の登場人物を原型にしたりしながら新たなオリジナルの人物設定をして、原作とはまた違ったエンターテインメント性を演出しているように思いました。 そこが良し悪しです。 悪い点。 原作にで私が好きだった部分、各章の主人公たちの一人称で語られることで感じられる背徳との境目をさまよいながらも、あるがままの自分を肯定的にとらえることで滲み出る落ち着いた静かな幸福感。それが竹中流なのか吉本系なのかお笑い要素の演出を入れることで、派手さがあって楽しめる部分もあるのだけど、なんだか本来の味わいに欠けるノンアルコールビールみたいな感じになってしまっている気がします。 良い点。 小説としては成功している原作ですが、その忠実な再現だけでは映画としては成立しなかったであろう部分を、エンターテインメントとして106分の鑑賞に堪えうる作品に仕上げた点は評価できるのではないでしょうか。竹中監督ならもっと生々しくなるかと思った性描写も、原作の雰囲気に近いものを表現していると思います。 結局のところ、いろいろ工夫も見られて映画作品としては悪くないとも思うのですが、やはり原作の味わい深い部分をスポイルしてしまった点において違和感を禁じ得ない惜しい作品という感じです。物語のクライマックス近くに主役の「私」が運転する車は、維持費がかかりそうな金色のコンバーチブルのでかいアメ車ではなくて、中古で安く購入した小さな青いフランス車なのです。 エンドロールで流れるLOVE PSYCHEDELICOの「No Reason」は原作にも映画にも雰囲気が合っていてよかったです。

  • sos********

    5.0

    色々とあるけれど・・・・・

    此処のレビューで色々書かれてるけど現実的で(自縛云々でなく個人のストレス発散がそれであっただけ?)野生の虎と一緒に居て殺されない方が現実離れしてるし全然現実的でしょ!だって隣人や会社の隣の席の人がそうかもしれないんだから(';') 個人的に夜のその世界で仕事したけど行為に充たされるのであって身なりはその次良い意味での日本人的感情が表現出来ていたんじゃないかな 上っ面を観ればR-18かもしれないけど自分を覚醒(少し大袈裟かな?)と考えるのであれば行き詰まっている人・これからの人観てもらって自分を表現出来るテリトリーが確立出来れば良いかと思う 変に前評価の高い作品を観てギャップを感じるのであればよっぽど此方の方が良いと思いますよ

  • vea********

    3.0

    ネタバレ適度にエロさはあった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Kainage_Mondo

    2.0

    サラダ感覚ですか ? ?

    元ネタは “文学” なのに、主人公以外のキャラは実にマンガチックだった。 惹句で “密かなストレス発散法” と端から開き直られると文句のつけようも無いのだが、自縛やら緊縛やらは血の滴るステーキ的な発想が欲しいし、それ自体、性欲を避けては通れない話だろう。会社のストレスを自縛でさらりと流す ・・・ 本作はそんなサラダ感覚で描かれているのだが、中途半端で芯が無い。 【 よかった処 】 ? 何か付いてるよ此処 の場面の ピース綾部。 ? 登場人物のプロフィールを教えてくれる挿絵の数々。 ? 麻縄を鞣す ( なめす ) 方法を説明するシーン。短時間だったがマニアックな匂いがしたな。 ? 突然登場の金色のシボレー・インパラ ( 67年 ? )。レンタカーではなかろうし、まさか 百合亜 ( 平田薫 ) の車という設定 ? ? ちょっとだけの登場だったが 銀粉蝶 扮する百合亜の母の灰汁の強さ。 ? 98年松竹の専務をクーデターで突如解任された 奥山和由 まだまだ頑張っているぞ~のエンドクレジット。 【 どうでもよかった処 】 ? 百合亜の部下ふたり。ついでに蛭子はんの登場シーン。 ? 百合亜のヌードシーン。お土産にこれでも持って帰っておくなはれ~というサービスか ? ヌードは構わないが緊縛ヌードは許さない ! という平田はんの事務所の方針か ? ? シボレー・インパラの周囲で繰り広げられた三文芝居。 ? ラスト近くのダブル自縛。別々の部屋でやってどうするよ。 亀甲縛りオンリーだったが、いっそのこと色んな縛り方を技術論も交えてどんどん見せたらどうだったのだろう。ジョギング中や職場ではともかく、自宅で自縛する時に、百合亜がTシャツや下着の上から縄をかけていた。あれだけ手間暇かけて縄を鞣していたのに、そんな奴おらんやろう~ ? ! と思わず突っ込んでしまったな ( 笑 )。

  • srf********

    5.0

    秀作。

    度々挿入される絵本と音楽とナレーションが実によい味わいを醸し出している。とりわけ印象深かったのは映画導入部の絵本シーンに流れる、室内楽アンサンブルによるボロディンの『ダッタン人の踊り』の〈純粋な憧憬〉を表した歌の旋律。この世で生きることは基本的に苦しさや虚しさばかり。だからこそ、このような世界で生きていくときの〈慰め〉や〈張り合い〉をどこにどうやって求めていくのかが竹中監督一流の対象との面白い距離感覚を通して描かれている。これは問題作であり秀作です。

  • hir********

    3.0

    竹中直人監督らしさ

    竹中直人監督らしさがよく出た作品。 竹中直人らしさとは、あの演技を思い浮かべていただければと思います。 あの演技を受け入れることができれば、この作品も評価 できるのではないでしょうか。 自縄自縛という言葉さえも知りませんでしたが、 この映画を見て自縄自縛という世界(性癖)があるのだと いうことを面白おかしく理解しました。小生には、無縁の 世界ですが人間の業の深さを改めて認識しました。 自縛することによりイモムシ状態になり、 新たなエネルギーを生み出すことになるにでしょうか。 興味深い性癖です。人間の行動、生活、営みについて いろいろ考えさせられた映画でした。

  • 楽天家

    5.0

    マイナーでいい!

    しかしユーザーレビューの数伸びねーなー ほのぼのしてよかったよー 俺も縛ろうかと一瞬思ったー(笑)

  • ken********

    3.0

    いたって普通な人

    自網自縛してるけど、いたって普通の人の話で爽やかでした。 ストレス解消が、たまたま縄だったってところかな。 割合普通な感じの綺麗な感じの映画でした。

1 ページ/1 ページ中