レビュー一覧に戻る
R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私
2013年2月2日公開

R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私

R15+1062013年2月2日公開

すけきよ

4.0

爽やかな自縛

縛りものと聞くと、陰鬱で退廃的なイメージを持ちます。 ところがこの映画では、特殊なものではなく非常に日常的な性癖の一つとして描かれています。不気味なのは常務のプレイくらいかな。さらに健康的(ランニングのシーンなど)でもあるかのようなシーンもあり、「なんや僕も縛ろうかなぁ」と思わず それは思いません(笑) 「健康的で生き生きしたお縛り生活で、君もストレスを解消しよう!」て言っていますよこれは。 実際にやるかどうかは別にして、なかなか面白い「自爆」の取り扱いをした作品でスッキリと見ることができました。 あと、脇役の方々のミニ(笑)ネタをすらっと織り込んでいるのは竹中監督らしくて面白く感じました。 センター前ヒットです。

閲覧数1,981