レビュー一覧に戻る
R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私
2013年2月2日公開

R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私

R15+1062013年2月2日公開

haf********

4.0

平田薫が体を張って好演。津田寛治も攻める

予備知識はほとんどなく、主人公の平田薫が自縛するぐらいの知識しかありません。ただ、良い印象を持っている女優さんなので期待を込めて鑑賞。しかし、映画の冒頭「吉本興業」の文字。正直、不安がよぎります…。 最初からシャワーシーンと軽い縛りで魅せてきますが、ピース綾部の演技がピンときません。コントのようなお笑いのような感じの演技でなんかリアリティを欠くような気がしました。芸人でなく普通の役者をキャスティングしたほうがよかったのではないでしょうか。 冒頭が喜劇チックであったが中盤以降は甘さもあるが持ち直した感じがする。自縛という秘密、窮屈・我慢からの解放、自我の目覚め。平田薫が体を張って好演。同士の存在もあってか「秘密」「見つかるかもしれないスリル」という媚薬も相まって徐々にエスカレートしていく様はなかなかリアルに感じた。また、彼女が涙するシーンがいくつかある。御休みをいただいての自縛の後、終盤のホテルでの自爆。彼女は何に涙したか。思いを馳せるととても興味深い。後悔の涙か、破滅への甘美な涙か、それとも嬉々とした喜びか…。 キャストでは平田薫と津田寛治。平田薫は前述のとおり、津田寛治は井口昇作品の常連で変わった役に免疫はあるとは思うが、本作も攻めている。役者としてのファイティングスピリッツに素直に敬意を表したい。 タイトルからなかなか鑑賞に勇気もいるかもしれないが、思ったよりも楽しめました。私にその嗜好はないが、可愛い女性が縛られている様はなかなかに美しいものです。素直に評価して星4つとします。

閲覧数1,616