レビュー一覧に戻る
フローズン・ライター

いやよセブン

3.0

本編がつまらないので・・・

売れない脚本家が冷凍室に閉じこめられて新作を執筆させられる。 食事などの面倒を見てもらう女性とその子供を主役に、マネジャーを殺人鬼にしたストーリーを書き始めるが・・・。 映画は新作のホラーと執筆中に起こる現実を並行して描いていく。 低予算映画だが資金を集める脚本は大変だ。

閲覧数2,150