ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

砂漠でサーモン・フィッシング (2011)

SALMON FISHING IN THE YEMEN

監督
ラッセ・ハルストレム
  • みたいムービー 155
  • みたログ 1,215

3.17 / 評価:540件

解説

アラブの大富豪からの「イエメンでサケを釣りたい」という無理難題に応えるために奔走する人たちをコミカルに描いたドラマ。主人公の不器用な水産学者を、『スター・ウォーズ』シリーズや『ムーラン・ルージュ』のユアン・マクレガーが演じ、『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラントと『ずっとあなたを愛してる』のクリスティン・スコット・トーマスの実力派キャストが脇を固める。監督には『ギルバート・グレイプ』のラッセ・ハルストレム。『スラムドッグ$ミリオネア』のサイモン・ボーフォイが脚本を手掛ける。一見くだらないと思えることに大人が夢中になる姿に感動する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

「イエメンでサケ釣りをしたい」という依頼を受けた水産学者のジョーンズ博士(ユアン・マクレガー)。そんなことは絶対無理だと相手にしなかったものの、何とイギリス外務省後援の国家プロジェクトに発展。ジョーンズは、イエメンの大富豪の代理人ハリエット(エミリー・ブラント)らと共に無謀な計画に着手する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2011 Yemen Distributions Ltd., BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.
(C)2011 Yemen Distributions Ltd., BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.

「砂漠でサーモン・フィッシング」ジャンルを横断しながら、爽やかな印象を残す英国ドラマ

 砂漠という広大なキャンバスにどんな夢を思い描こう。「アラビアのロレンス」に触れるまでもなく、元来、英国は中東の地に浪漫を追い求め、はたまた外交面の二枚舌で複雑な禍根を残してきた。そして今、前代未聞のフィクションが、砂漠の国をファンタジックな色に染め上げようとしている。

 物語は一通のメールで幕を開ける。「イエメンで鮭釣りを実現させるためにご協力を」。英国の水産学者ジョーンズはこれを不可能と一蹴するも、世間の注目をなんとかアフガン政策から反らしたい首相広報官がこのプロジェクトに飛びつき、強力なバックアップ体制が敷かれることに。やがて依頼主の富豪シャイフの熱い想いに心動かされ、ジョーンズは鮭釣り計画へ没入していくのだが……。

 原作は全文がメール、インタビュー、日記などで織り成された変わり種のベストセラー小説。これを「スラムドッグ$ミリオネア」のサイモン・ビューフォイがユーモラスな日常描写に満ちた脚本へと仕立て、なおかつハルストレムの透明感溢れる映像が多彩な人々をすべて温かく包み込む。

 とはいえ、砂漠で鮭釣りという突飛な試みはティファニーで朝食を、といった具合にはいかない。計画は何度も挫折しかけ、この映画自体もロマンスに政治風刺にサスペンスと刻々と表情を変え、河を遡上する鮭のごとく一か所に留まることを知らない。そんな先行きの見えない状況下で響くシャイフの言葉がとても印象的だ。「糸を垂れ、ひたすら信じて、待ち続ける」。それは釣りの極意でありながら、ある種の悟りの境地さえ伺わせるもの。本作はきっと、自信を失いかけたこの時代を奮起させるビジョンとしても、観客の心に爽やかな風を吹き起こすことだろう。(牛津厚信)

映画.com(外部リンク)

2012年11月29日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ